FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
復刻版と発売前の新製品
2012-02-04 Sat 12:01
いや~寒いっ!!(>_<)
今年の冬は今までに何度「今年イチバンの寒さ」という
セリフをお天気ニュースで聞いたコトやら。。
しかし今回はホントに厳しい寒さで全国的にいろんな
被害が出たりしてますよね。
昨日もアメダスの画面を見てみると、九州から四国、関西にかけて
ほぼ全域が氷点下という、、今まで見たことがないような状況に。

・・・みなさんの地方は大丈夫ですか? 

今日はいくぶんマシになって、通勤時の気温はかろうじて
プラスになっていましたけども・・それでもやっぱりまだ寒いです(^^;)
予報によると、また第一級の寒波が8日ごろから日本に
襲来するっていうことらしいですから、まだまだ油断できないですね。

これだけの寒さに加えて、ここんところはずっと風も強くて
まぁ普通に考えてもこりゃ魚は少ないだろうなってことは予想は
できたんですけども。。。実際のところ、ホントに今週はまるっきり
魚がない、っていう状態の日がほとんどで(涙)
もう商売あがったり、っていう1週間でございました orz

もともと2月っていうのは毎年こんな感じではあるんですが、
それにしても、例年よりも魚も少ないし、お客さんも少ないような
気がします。。

とはいっても、何にもしないわけにもいかないですしね(^^)
徳島魚類ではいろいろと春に向けて動き始めております。

まず一発目は・・・人気商品の復活です(^o^)

kirabiki_aori.jpg

この商品、「どこかで見たことがあるような・・」という人は
かなりのツウですね♪

実はこれ、2008年にキリンビールさんのプレゼントキャンペーンで
徳島県代表のプレゼントに選出された「阿波のアオリイカ」
なんです。

もともとこのアオリイカの真空冷凍製品は、徳島魚類の業務用の
定番商品「アオリイカスキンレス」として、もうずっと長く
製造を続けている商品を個人向けにアレンジしたものなんですね。

アオリイカというのは徳島県だけでなく、日本の各地で水揚げが
あるイカなんですが、これがやはりというかなんというか。。。
徳島のアオリイカは肉厚で粘りがあり、風味があって
とても品質がいいという評判なんですよね(^^)
なので、アオリイカが水揚げされている他の地方からも、あえて
「徳島のアオリイカが欲しい」というリクエストが多く、
そんなことから徳島魚類では毎年のようにアオリイカをセリで
買ってはいそいそとスキンレス加工をして真空パックし、
規格を決めて業務用のイカスキンレス製品としてストック、
販売をしているんです(^^)

業務用ってことで、基本的には10キロ単位での販売ってことになるんですが
この商品は徳島魚類の加工部の創設のきっかけになった製品といっても
過言ではない、というぐらいに歴史のある商品なんです(^^)/

それをベースにして個人向けに開発したのがキリンビールキャンペーン用の
「阿波のアオリイカ」だったのですが、キャンペーンが終わってからは
個人向けの商品としては生産をしていなかったので、いわば
絶版になっていたんです(^^;)

でも、考えてみたら徳島のアオリイカっていうのはとても評判がいいですし、
ハモに続く「徳島県産水産物」としてPRの対象になっていたりもしますから、
これは原材料があるなら、もう一度個人向け商品として
復活させてもいいのではないか? ということになり・・・
ま、まぁ言い出したのはワタシなんですけどね(爆)

せっかく評価の高い製品があったのに、今は絶版になってる、でも原料は
いまはストックがある、となれば。。。数量限定でもいいから販売を
再開するってのがいいのではないか? というわけです(^^)

復活させるに当たっては、あくまで業務用の供給が優先されるので
ストックされているアオリイカの原料が割り当てできる数量がなくなったら
それまで、ってことになるので、定番のレギュラー商品として年中販売、
っていうことはできないかもしれないけれども、数量限定で復活、という
カタチにしましょうか、ということになったのです。

今回の復刻版は、新たに徳島魚類が立ち上げた高品質ブランドである
「きらびき工房」の名前を冠して

「きらびき工房 阿波のあおりいか」

とすることにしました(^^)
きらびき工房の商品とするからには、梱包にも気を遣って、
商品の仕様もよりブラッシュアップさせることに。

従来製品では、アオリイカ本体の身のほかに、加熱調理用のゲソも
別パックで封入してあったのですが、今回の復刻版ではゲソは入れず、
刺身で食べていただける本体の身だけにしました(^^)
そのぶん、コストダウンをしてできるだけリーズナブルな価格設定に
してあります。
徳島の自慢の水産物であるアオリイカをできるだけたくさんの皆さんに
楽しんでいただけるように! ってことで頑張らせていただきました(^o^)

とりあえず、業務用のアオリイカスキンレスの供給がメインなので
いつ生産が終わってしまうかも分からないので、そういう意味では
けっこうレアな貴重品ってことになるかも(笑)

近日中にある程度量産できた時点で徳島魚類の
オンライン通販ページのほうにアップして販売開始とする予定です(^^)


さて、お次は・・・これから春に向けてのきらびき工房の新製品です♪

こちらはチルド出荷の豪華なセット商品(*^_^*)
ほぼ仕様は固まってきているのですが、これから発売に向けての
ツメの作業にかかるところ、というタイミングですね。
この商品については雑誌での広告出稿を予定しており、
またまたきらびき工房の新製品として、華々しくデビューを
計画しております(^^)

きらびき工房の商品として発売した第1弾である鱧鍋
おかげさまでめっちゃ大好評をいただきましてm(_ _)m
予想以上の反響とオーダーをいただいております。
年末までのお歳暮シーズンを中心にかなりの数を
出荷したのですが、お客様にはたいへん喜んでいただけたようです。

きらびき工房では、これからも季節ごとにいろいろな魚を
使った、季節感のある商品を発売していく計画にしておりまして、
今回の新製品は「春の新製品」ってことになりますね(^o^)

ってなわけで、昨日の午後にプロのカメラマンさんが
入って、この新製品の写真撮影がありました。

kirabiki_new20120203.jpg

やっぱりねぇ~ 立派な機材を使って、腕が確かなプロが撮影をすると・・
違うんですね~(*^_^*) すんごいキレイな商品写真になりそうです♪

この商品のデビューは春先を予定しております。
おそらく今月中にはお披露目広告が出るのではないかと。
どうぞご期待下さいませませ!

この商品もまさしく「きらびき工房だなぁ~」っていう感じの
商品になりそうですよ(^o^)

そんなわけで、通販サイトの更新だとかオフィシャルサイトの
更新だとか、はたまた商品に同梱するリーフレットの構成だとか
いろいろと忙しくなってきそうです(苦笑)
がんばんべ~(^^)/

別窓 | 魚類ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
防寒対策は足もとから
2012-01-19 Thu 18:16
いや~寒いっ!(>_<)
なんか最近の気候って、明らかに去年よりも
寒いですよね。
なんでもNASAの調査でもこのことは統計的に
明らかになってるそうで、実は地球は「温暖化」してる
というのは間違ってて、今のフェーズは「寒冷化」だそうな。

二酸化炭素が増えて地球が温暖化しているっていうようなことを
実際に証明するような明確なデータは実はない、というような
話もあるとかないとか(^^;)
いったい何がホントなのか、もう全然分かりませんけども、
とりあえず確かなのは最近はホントに寒い、ってことですよね(^^;)

さて、みなさんのイメージ通りなんですけども、冬の市場ってのは
ホントに寒いです(涙)
この寒さはまさしく「底冷え」といいますか、足もとからくる寒さ。
寒いというよりも冷たい、という感覚でしょうか。
まだまだ徳島なんで日本の中でも気温は高い方でしょうし、
南国っていうイメージもあるぐらいなので、そんなこと言ってたら
もっと北のほうの地域の市場マンな皆さんからしたら「甘いわ!」
ってなもんかもしれないんですけどね(^^;)

それでも、南国のイメージのある徳島でも、やはり今頃の季節には
気温が明け方には氷点下になることもあるわけでして。

そして魚市場っていうのは常に水やら氷を使いますし、
地面はコンクリートでしかも濡れている、氷も落ちてる、なんていう
状況なわけでして(>_<)
なので、やっぱり寒さは足もとからどんどんと立ち上ってくるんです。

もちろん我々市場マンは長靴が定番の正装(笑)ですけど、それでもやっぱり
冬の足もとの冷たさっていうのは尋常ではないです。

動いてるとき、力仕事をしているうちはけっこうあったかいですけど、
セリに参加している人って、意外と動かないんですよ。
徳島のセリっていうのは並んでいる魚の周りに集まって、セリ開催人が
値段を上下させて、それを仲買や売参人たちが競り落としていく、
というスタイルなわけですけども、これって魚の周りに立ったままで
魚を見ながら手で値段を示す、という動作をするわけですね。
で、競り落とされたらその次に並んでいる魚のトコロに少しだけ移動して
また指を出して・・・ということの繰り返しなわけです。

つまり、ゆっくり、ほんとにゆっくりと動きながら絵符に値段などを
マジックで書いていく、という動作を繰り返していく、と。
ほとんど体の動きがないんです。
なので、意外とこれが冷えるんですよ(涙)

足がつま先からじんじんと冷えてきて、感覚がなくなってくるというか。
これがもう辛抱たまらん(泣)
タチが悪いのが、この足先の冷えっていうのは荷物の積み込みなどをして
体を動かしても、なかなか温まらないってこと。
汗をかくぐらいに体があったまっても、つま先だけはしびれたまま、
なんてこともけっこうあるんですよね(>_<)

そこで、当然のように市場マンたちは足もとの防寒対策をするわけですが、
やっぱり定番の対策は厚手の靴下を履く、あるいは靴下二重履きですよね(^^)
これはこれで効果はあるんですが、それでもやっぱり冷えるときは冷える。
そこでワタシが編み出した必殺技がこれです(笑)

roomsocks.jpg

これ、靴下の上に「ルームソックス」ってのを履いてるんです(^^)
しかもこれ、100円ショップで売られていたもの(爆)
もちろん、当然のごとく100円です。正確には税込み105円ですが(笑)

これね、普通の靴下とは違っててちょっと厚手のフリース生地でできてます。
そして室内履きでスリッパ代わりに履くという用途の商品なので
足の裏側にはゴム製の滑り止めまで付いています(^o^)

この厚手のフリース素材ってのが実にあったかいんですよ♪
普通の靴下の上に重ねて履くと、靴下とルームソックスの間に
空気の層ができるのでしょうか、思った以上にホカホカするんです(*^_^*)
もうね、寒い日にはこのルームソックスが手放せないワタシなのです。
この状態で長靴を履いたら、もうセリ場で足が冷えてしびれる、なんてことは
ホントになくなるんです(^^)

ただ、このルームソックスにはちょっと難点がありまして(汗)
それは・・・100円ショップで売られているこのルームソックスっていうのが

女性用のサイズしかない

ってことなんです(爆)
やっぱり足の冷え性対策商品っていうのはメインターゲットがどうしても
女性ってことになってしまうんでしょうねぇ(^^;)
いくら探しても女性向けの小さなサイズのモノしかないんですよ(ため息)

ワタシの場合、ちょうどいい具合に足のサイズが小さいものですから
この婦人用サイズのソックスでもなんとか履くことが出来るので助かってますが
通常サイズの成人男性の足にはたぶんサイズが小さすぎて入らないかと(^^;)

こんなナイスな商品、男性向けにも販売していいと思うんですけどねぇ?

今は小寒っていう時候ですが、もうすぐ大寒がやってきます。
イメージ的には小寒よりも大寒がさらに寒そうな感じですけども、
「小寒の水、大寒に解く」っていうコトバがあるぐらいで、
実際には一年のうちで一番寒いのは今ぐらいの頃なんだそうです。。

ってことは、考えようによっちゃぁこれからはあったかくなっていく方向、
ということもできますよね。
寒さの一番厳しい今の季節を乗り越えて、早くあったかくなってほしいものですが
寒い時期でないと売れない、おいしくない魚もいますからねぇ(^^;)
商売上はけっこう複雑な気持ちだったりもしますが(苦笑)

とはいえ、あったかくなってきたらまたその頃においしくなる魚もいますしね。
そう考えたらやっぱり早くあったかい春になって欲しい、かな?

どちらにしてもこの寒さもあと少しの辛抱。
あったかい季節まであとちょっと。
ワタシがシングル靴下になるまでもあとちょっと(笑)

元気に春を迎えられるよう、みなさんも体調管理はしっかりとね♪



別窓 | 魚類ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
選手交代
2012-01-14 Sat 15:57
えべっさんも終わりましたが、あいかわらず毎日寒いですね。
これだけ冷え込む日が続いてますが、
雪が降ったりしないので高速道路が止まったりということがないのが
幸いといえば幸いですけども。

さてさて、去年の年末のことなんですけども、
うちの会社の水槽車がまた1台リタイアすることになりました。

2年前のBlogでご紹介した、市内配達用の軽水槽車なのですが。

これまで活躍してきた軽トラック改造の水槽車は
ワタシが知り合いからロハでもらってきたもの(^^;)
これを徳島魚類の水槽事業部にて水槽(というか海水桶ですが)を
載せて、ブロアなどを装備したもの。

小回りがきくことを武器に市内の繁華街などでも
ちょこまかと配達できる便利なクルマだったのですが・・・
やっぱり積み荷がなんといっても「海水」なんですよね。。
クルマにとって海水、つまり塩分というのは大敵の存在。
2年前にBlogで紹介したときはデビューから2年後、車検前という
タイミングだったのですが、あれからさらに2年・・・。

去年の暮れに徳島魚類で活魚水槽車に生まれ変わってから
二度目の車検を迎えたわけですが。

そりゃもう全身錆びまくりのヒドい状態(滝汗)

もともと軽自動車っていうのは造りが華奢っていうこともあり、
積み荷の海水が常にボディを濡らしているような状態で
走り回っている水槽車としては酷な状況にはあったわけで。。
ホイールは真っ茶色に錆び、荷台後部のアオリ板もヒンジが
腐ってしまって、アオリ板ごと脱落して消失(爆)
というとんでもないヘタり方をしておりました (+_;)

前回の車検から2年経過して、また車検の時期を迎えたわけですが
このくたびれた軽トラックを車検に通そうとすると
とんでもない金額の修理費用がかかりそうで(滝汗)
とてもじゃないけれども車検に通してさらに使い続けるという
選択肢は考えられないような状況でした。。

そこで、急遽中古車で程度のよさそうな軽トラックを探してもらい、
急ぎで新たな軽トラックを手配したのでした・・。

そうして年末のせわしない時期も直前、という頃に徳島魚類に
やって来たのがこの軽トラックなのでした。

tanktruck2011a.jpg

年式はかなーり古いクルマではあるのですが、前のオーナーというのが
農家をしている年配の男性だったらしく、この軽トラックは
農作業用というよりもちょい乗りのお買い物グルマとして使われていて
しかも屋根付きの納屋にしまわれていたという程度のいい状態の
クルマだったのです(^^)

なので年式としては10年以上も前のクルマではあるのですが、
走行は1万1000キロというあり得ないぐらいに走っていないのでした(^^;)

サビサビでヒドい状況になってしまった前のトラックのことがあるので
今回は水槽を載せ替える前にできる限りの防錆加工をしておくことに。
とはいっても、あまりお金をかけることもできないので(^^;) コスト的に
できるだけ安い方法でいろんな対策をすることにしました。

まず、納車前の整備のときに荷台の表も裏も、防錆塗料で
分厚く重ね塗りをしてもらい、さらに水槽から漏れる海水が
できるだけ荷台に直接かからないように、養生シートを荷台に
敷き込むことにしました(^^)

tanktruck2011b.jpg

水槽からこぼれた海水は荷台を濡らすことなく荷台の下に
流れるように、ドレンの穴も開けて、きっちりと排水用のホースも
装備してるんですよ(^^)
ちなみに前のトラックはそういう装備をしてなかったので、
海水は無防備な荷台を濡らしまくり、荷台のスキマからしたたり落ちる、
という状態だったのですが、その結果としてたった4年で修復不可能な
レベルにまでサビが回ってしまったのです(涙)

これだけ荷台をカバーして、しかもこぼれた海水が速やかにドレンから
排水されるようになっていれば、ずいぶんとサビの進行は遅らせることが
できるはずですよね(^^)

もちろん今回もバッテリーから電源を取るブロアも装備しておりますが、
今回は荷台にブロア用のコンプレッサーを積むのではなく、
助手席に置くようなスタイルで設置しております(^^;)
このほうが雨にさらされることもなく、車検のときにも寸法が
かわったりしないですしね。

tanktruck2011c.jpg

この角度から見ると、よく分かりますが、荷台の前後には
ちゃんと水抜き用のドレンホースが付いています(^o^)
こういう小さな軽トラックにドレンホースがついてるってのが
けっこう本格装備ですよね(笑)

しかし後部のホース・・なんでこんなにも不相応に太いモノが
付いているのか??
それは・・・

25トン大型活魚水槽車に使われているぶっとい排水ホースの
補修用パーツの切れっ端を再利用したものだからだったりします(爆)

なのでこんなにも不釣り合いに太いホースが取り付けられている
というわけなのでした(^^;)
なんせ基本コンセプトは「極力お金はかけずに」ですから(笑)

この施工をしたのもクルマ屋さんではなく、
手先の器用なうちの会社のトラック管理担当者(^^;)
もちろんギャラはロハです(爆) 業務時間中に内職してもらいました(苦笑)

そんなわけでつつがなく完成したお手製活魚水槽車、
去年の暮れから元気に近場の活魚の配達に活躍しております♪

これだけの対策をしているので、サビにはかなり強くなってるはずですし
じっさいまだまだキレイな状態ではありますが、いくら走行距離が少ないとはいえ
年式がかなり古く、しかも納屋で寝ていた期間がかなり長かったみたいですので
エンジンがカブり気味なんだそうです(活魚配送担当者談)
まぁ古い形式のイマドキ珍しいキャブエンジンですからねぇ ムリもないか(^^;)
こんだけ寒い季節でもありますしね。

これからあったかくなってきたら、このエンジンも調子を
取り戻してくれるかな? と思ってるんですが。
せいいっぱい気を遣って錆びないようと対策したので、
ホント、このコには元気に末永く頑張ってもらいたいモノです。

そして・・・この活魚車のデビューと時を同じくして。。。

tanktruck2011d_20111229175935.jpg

役目を終えた老兵がまた一人、最前線を離れていくのでした(T_T)
やっぱりこういうのって寂しい瞬間ですよね(涙)
ワタシがロハでもらってきた軽トラック、たった4年の命ではありましたが
彼の尊い犠牲は次の軽トラの防錆対策に活かされることになったと思えば

無駄死にではないぞ@シャア少佐

ということですよね(T_T)
今まで4年間、お疲れさまでしたm(_ _)m
エンジンはバリバリ元気だったんですけどねぇ・・・エンジンだけでも
生き残ってくれたらうれしい、かな。

そんなわけで、今年は新しくて古めかしい小さな活魚車が
徳島市内を走っているのでした(^o^)

元気にがんばってね! 新参の水槽車くん♪
別窓 | 魚類ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
えべっさん
2012-01-10 Tue 16:28
いや~ホントに早いっ! 
今朝も会社の子と話をしてたんですけども、
こないだ元旦を迎えたと思ったのにもう10日ですよ(汗)
ホントにあっという間にまた1年が過ぎてしまいそうです。。

ところで1月10日といったら・・・そうですよね。
えべっさんの時期というわけ(^^)
どういうわけか、このえべっさんで縁起物を買ってくるのは
徳島魚類の中ではワタシの役目になってしまってるようでして(汗)
まぁ最初の頃に自前でやり始めたのが運の尽き(^^;)
毎年毎年、サイズアップした福笹を買ってきて事務所に
飾るのはワタシの役目になっております。
もちろん、福笹のお代はっていうと。。。

ワタシの自腹(T_T)

でございます(涙)
最初はたしか2000円の福笹だったのですが、この笹っていうのは
毎年のように前の年よりも大きなものを買うのが慣わしだとか。
そんなわけで去年の段階でかなり巨大な福笹になってしまてました。

ワタシの記憶の中では、たしか去年の段階で一番大きなサイズに
なってしまってたと思ってたので、今年は福笹ではなくて
熊手にしようか! と決めて出かけてきました(^^)

ebessan2012a.jpg

だいたい毎年、この時期の休日に出かけることが多いんですが
今年は昨日(成人の日)に出かけられなかったので、14時頃に会社を
いったん出て、クルマに今日まで飾っていた去年の福笹を載せて
いそいそとえべっさんにお出かけしたのでした・・。

まぁ平日の昼間だということもあるんでしょうけども、
今年のえべっさん、本戎だというのになんとも閑散としてるというか(^^;)
もうちょっと賑わっていないと感じも出ないっていうもんですよ(苦笑)

いつものように手を清めて恵比寿神社にお参りをして、いつもなら福笹を買うのですが
今年は熊手を買おうといつもとは反対の物販コーナーへ。

熊手にもやっぱりいろんな大きさがあるんですけども、
ここは一発! フンパツして一番大きな熊手をいきなり購入です(^o^)
それでも熊手は福笹よりもだいぶリーズナブルで、一番大きなサイズで
5000円でした(^^)

ebessan2012b.jpg

福笹を売っている販売所を覗いてみると、一番おおきなのは1万円(汗)
たしか去年、これを買って帰ったはずだしな、と確認して帰ってきましたが・・
帰ってきてから去年のBlogを確認してみたところ・・・

なんと去年買ったのは一番大きなサイズのひとつ下のサイズ、
つまり8000円の福笹だったのでした(ちゅど~んっ!)

ワタシはてっきり、去年の段階ですでに一番大きな1万円サイズの福笹を
買ったものだとばかり思ってましたが(苦笑)
そういや去年、「来年はいよいよ一番大きな1万円サイズを買わないといけないから
しっかりと商売繁盛しないとな~」
なんて思ったことを思い出しました(苦笑)

まぁそうは言っても、熊手では一番大きくて豪華なヤツを買ってるし、
今年はこれで御利益もあるでしょ! 
ってことで無理矢理時分をナットクさせることに(苦笑)

さっそく事務所に持ち帰り、さきほどいつもの場所に飾りました(^^)

ebessan2012c.jpg

んでもって、来年こそは1万円の福笹を買うことにしましょうかね(^^;)

しかしまぁホント、境内もとくに長時間並ぶようなこともなく、
整然と人が流れてて・・なんだか不景気を肌で実感するような雰囲気でしたよ。
よく不景気なときには神頼みなんていいますけどねぇ(苦笑)
もう神頼みのお賽銭も出ないぐらいに景気が悪いんかなぁ。。
なんてことを考えてみたり(^^;)

ほんとに先行き不安なこんな時代ですからねぇ ワタシとしてはこんなときこそ
踏ん張りどころ、神頼みでもなんでもするぜ!ってなもんですけどねぇ(苦笑)

さて、自腹でワタシが縁起物を買ってきたからには
徳島魚類は今年も安泰でバリバリいきますよ~(^^)/
どうぞ応援よろしくお願いいたします~♪ m(_ _)m

別窓 | 魚類ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
2012年、明けましておめでとうございます!
2012-01-01 Sun 16:50
みなさま、あめましておめでとうございます(^^)
あっという間に2012年になってしまいました。
毎年のことですけども、市場マンにとっては一年のうちで
一番忙しいのが年末の頃ですので、ドタバタとやってるうちに
気がついたら大晦日、そしてお正月、、ってのが
通常のパターンなんですよね(^^;)

ちなみに市場じたいは大晦日の12月31日は休市日。
でも、やはり年末最後の仕入れをするお客さんが多いため、
この日は全員出勤の休日当番日という扱いで
みんなが出勤しておりました。
これも徳島魚類では毎年恒例になっております。

20111231.jpg

2011年大晦日の徳島魚類の店前です(^^)
これも毎年恒例の光景なのですが、年末の大掃除ですね。

毎年、この大掃除では事務所の中まで荷物を引っ張り出して
拭き掃除とかするんですが、今年は年の途中に一度、大掃除を
したこともあって、事務所のほうの掃除はちょっと軽めに。

その代わり、トラックを念入りに洗うことにしたのでした。
ってなわけで、総出でトラックをキレイにピカピカ磨き上げました。
珍しくワックスがけまでしたりなんかしてね(^^)

2トン車以上の大きなトラックになると、洗車しようにも背が届かないし、
なかなか全部キレイにするってコトもできないですから、
こんなときだとばかりにリフトを持ち出してきて屋根までキレイに
拭き上げてやりましたよ♪
さらには高圧洗浄機まで持ち出してきて、保冷箱の中もキレイにピカピカ♪
ほんとにどのクルマも見違えるほどにキレイになりました(^o^)


そんなわけで、2011年もバタバタしているうちにあっという間に
暮れてしまい、ひと晩寝たらもう2012年を迎えてしまいました(苦笑)

元日っていうのは徳島中央市場が一年の中で唯一、
ほぼ完全に休業となる日なんですけども、やっぱりそれでも徳島魚類は
完全には休みにはなりません。これも毎年のことですけどね。
ごく一部、元日から営業しているスーパーさんなどの対応のために
ごく一部の従業員は出勤しておりました。

というわけで、私自身は元日にはトクに仕事があるわけではないのですが、
元日の早朝から出勤している従業員たちの陣中見舞いってことで
出社するのがならわしになっております。

2012年元日早朝の徳島中央市場、一年のうちで一番静かな時間。。

20120101a.jpg

元旦、日の出前の徳島魚類の店前です。
こうこうと灯りをつけてるのはほんの数件の仲買だけ。
荷受けさんも今日ばかりはお休みですし。

ちょうど私が出社した頃に、県外の得意先に出ていた配達の
トラックが戻ってきたところでした。
無事に初荷を納めて帰ってきたところでホッとひといき(^^)

20120101b.jpg

おや! M本クンじゃないですか(笑)
このアングル、このポーズの彼の画像に見覚えがある人は
かなりの「徳島魚類Blog通」ですね(爆)
この場所でこのポーズをしたM本くんの画像を元日のBlogに
掲載するのは、このBlogの恒例になってたんですよね(^^)

しかしここ数年、この画像はご無沙汰してまして、2007年が最後の
アップだったので、実に5年ぶりの復活です(笑)

ちなみに2007年の元日のBlogはコチラです(笑)
んでもって、2006年はコレ
2005年はコレです。

しかしこうして見直してみると・・・M本くんも老けたねぇ(爆)
いえいえ、立派に貫禄がついてきた、ってことですよね!(^^)
・・でも、途中でポーズが変更になってたのって初めて気がつきましたわ(汗)

ひとしきり出勤していたメンバーで談笑したりとか仕事の話とか
して、早めに今日はお開き。
私はこれまた最近の恒例になってますが、吉野川の河口に初日の出を
見に出かけました。なんせ市場からクルマで数分の距離ですからね。
でも残念ながら、今年は雲がかかっていて水平線から昇る初日の出を
拝むことはかないませんでした(^^;)

20120101c.jpg

まぁそれでも、澄み切った冷たい空気の中で雲の切れ間から見える
あかね色の空を見ていると、なんとも荘厳な気持ちになるものです。
この場所で初日の出を見るようになった当初の頃は、この場所に
やってくる人もほとんどいなくて、静かな特等席から初日の出を
拝んでいたのですが、最近はこの場所もメジャーな初日の出ポイントに
なってしまったようで、100人を超す人達が岸壁にいっぱい鈴なり(^^;)
周辺にはクルマもてんこ盛りで渋滞してるし(汗)

この場所も以前はクルマが直接入ってくるような場所でもなかったし
知る人ぞ知る、っていうポイントだったのですが、最近はマリンピアに
抜ける広い道路もついたし、気軽にやってこれる場所になったからでしょうね。
変わらないようでもいろんなことが少しずつ、毎年変わっていくな・・・
なんてことも感じてみたり。

でも、こうしてちょっとずつ変化しつつも年末から年始にかけて、
毎年同じようなことを繰り返している私なのですが、
ありていにいうなら

代わり映えのしないいつもの年末年始

ってことになるんでしょうけども・・・
でもね、2011年3月11日をターニングポイントにして
日本は・・・私たちの暮らしているこの国は大きく変わりました。
変わってしまいました・・・。

こうして当たり前に、いつもと変わらない、代わり映えのしない日常のような
年末年始を過ごしていると・・代わり映えしないと落胆するのではなく、
代わり映えのしない、日常の延長で年末年始を過ごすことができるということが
どんなに幸せなことなのかってことを感じました。
こうして毎年変わらずに年始を迎えることができる。
新しい年を変わらずに迎えることができるということをありがたく、
幸せだと実感したことは今までにはなかったことかもしれません。

そんな恵まれた環境にあることに感謝し、そして今年もまたあらたな飛躍を
誓って、曙色の吉野川河口をあとにしたのでした。。。

いまこうして2011年を振り返ってみると、激動の世の中に翻弄されつつも
徳島魚類は地に足をつけて、地道に歩いてくることができたのかな、と
感じています。
今までやってきたことを確実にこなしながら、高付加価値商品の開発と
新しい販売チャンネルやブランドのスタートを切ることもできましたし、
いろいろな収穫があったのではないかと思います。

そして2012年! 今年は新しいブランドからも次々と新製品を
発売する計画ですし、いろいろな新規の取り組みも構想中です(^^)
決して立ち止まることなく、次々に新たなことに取り組んでいきますよ!
それが徳島魚類のポリシーであり、アイデンティティですからね♪

決意も新たに市場をあとにした私、帰宅したら
豪華なおせちが待っていました(^o^)

osechi2012.jpg

もちろん、我が家でこんな豪華なおせちを手作りなんてできないです。
これは徳島魚類のとあるお得意さんのところのおせちです(^^)
元旦の朝はこれまた恒例でこのおせちをいただいて、
新年のスタートを切るのが我が家の習わし(^_^)

さてさて、今年はいったいどんなことがありますやら。
不安と期待、共に我にアリ! ってところですが・・・
今年もとりあえず、元気に参りましょう!!(^^)/(^^)/(^^)/

そんなわけで、今年も徳島魚類をどうぞよろしくお願いいたします!

20120101d.jpg


別窓 | 魚類ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | 不定期更新 市場日記 | NEXT