FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
今日はセリの最終日
2010-12-29 Wed 16:55
今年もはや12月29日。
今日が徳島中央市場ではセリの最終日でした。。
相変わらず全然Blogの更新ができていないままで
年末の繁忙期を迎えてしまった、たろくんです(^_^;)

ワタシが市場に入ったのは2003年のことだったので、
もう7年目になるワケなんですが、
市場に来た当時、年末の忙しさにはホントに
ビックリしたものです。
同時に、そのエネルギッシュな市場のパワーにも
圧倒されたものでした。。
それでも先輩達からは「昔の市場はこんなもんちゃうかった」と
言われていたものです。
かつての年末の市場は徹夜3日ぐらいが当たり前で
それぐらい忙しくて家になんか帰ってるヒマもないほどだった、と。

ワタシが市場に来はじめた2003年ごろにはすでにそういう感じでも
なかったのですが・・・それからもう年々、年末の市場は
どんどんとヒマになっていってるような気がします。
それが年末集中型から平準化の進んだ結果だというのなら
喜ばしいことなのかも知れないのですが、
決してそうではなく、単純に売れなくなってる、という気がします。
年末にオサカナを買い込んで年始に備える、というようなこともなく、
単に年が変わる、ただそれだけのこと・・というふうに
なっているような気がします。

単に不景気なだけじゃなく、新年を迎える厳かな気持ちまで
日本人は失おうとしてるのではないか??
正月だから、年始だから特別な何かをするということもなく、
単に「カレンダーが新しくなるだけの日」になろうとしてる。。
そんな気がしてなりません。

年末でセリが終わったセリ場には、所狭しとブリが並べられ、
仕分け作業でごった返す・・・いつもとはまったく違った
活気の中で年が暮れていく・・・そんな空気もあまり感じません。

以前なら12月の声を聞いただけで
なんとなくせわしなくなったものですが、
今では年末らしい雰囲気になるのは・・そうですね、
だいたい12月27日頃から・・。
つまり、ほんとに年も押し迫った、クリスマスの終わった今頃から、
という感じなんですよね。
それまでは12月であろうとも特に普段と変わらない空気なんです。

・・なんだか寂しい限りではありますね(苦笑)

さて、そうはいっても年末モード。
さすがに12月29日ともなればイヤでも年末っぽい雰囲気に
ようやく包まれてきている徳島中央市場ですが、
今日の最後のセリには例年どおり、たっくさんのマグロが並びました。

2010122948_4.jpg


徳島というとお正月にはブリなんですけども、
それと同時にマグロも大好きな県民ですから、こんな感じで
たくさんのマグロが並ぶのがいつもの年末。

ただ、これも去年の暮れのBlogの画像と見比べると・・・
なんだか一列少ないような気がしないでもない(汗)
う~ん・・・。

さてその徳島の年末年始というとブリ! なわけですが、
そのブリは思ってるほどにはセリ場の中には見かけません。。
ブリはどちらかというとスーパーさんが大量に買っていくので
セリ場の中ではなく、スーパーさんの配送トラックが
集合するトラックの駐車スペースのほうにたくさんあるんですよね。

20101229_1.jpg

こっちはブリのフィーレが入ったスチロール。

20101229_2.jpg

こっちはブリの丸太ですね(^^)
これでもほんの一部でしかありません。
年末の市場の駐車スペースには、あちこちにこんな感じの「ブリ山」
できてますね。

もうすでに、ブリというと市場の中ではなく
市場の周囲の駐車スペースに積み上がっているもの、
というイメージになりつつありますね。。

こうしたブリは中型以上の大きなトラックに積み込まれて
あちこちのスーパーさんに向けて出発していきます・・・。

20101229_3.jpg

徳島魚類でも、こんなかんじで2トン車、3トン車で
じゃんじゃんバリバリと積み込んで出撃していますよ(^^)
もちろん明日も連投であちこちの客先に向けて出撃の予定です。
どうか雪よ降らないで! と願うばかりです。

四国で雪っていうのはちょっと縁遠い感じがあるんですが、
四国の中心部あたりの山間部の高速道路はよく雪が降って
冬場は通行止めになるんですよね(滝汗)
徳島だけじゃなく、愛媛や高知、香川まで配達に出かけている
徳島魚類としては、雪はホントにトホホな存在なんですよ(>_<)
今年もすでに一度、雪で高速が止まって担当者はヘロヘロに
なってましたから(泣)

さてブリにあふれかえっている場外から、セリの最終日を迎えた
市場の場内に目を向けると・・・セリがあるとはいっても
最終日には青物や特種のセリはなくて、近海物だけ、という感じ。

特種のセリが行われているいつもの場所には・・・

2010122948_5.jpg

こんなかんじで冷凍部の商品がずらーッと並んでたりします。
やはりお正月というとツキモノの、冷凍のカニとか海老などが
よく売れるので、こんな感じで特設の販売コーナーが
できあがっている、というわけですね。

もちろん数の子だとか鮭、いくらなどもよく売れています。

そして今日の徳島魚類の店前はこんな感じ。

2010122948_6.jpg

なんだか一般客っぽい人がやたらと多くて、
例年よりも1日早く市場の最終日がきた、っていう雰囲気でしたよ。
例年だと一般開放日は12月30日の開市最終日なのですが、
今年は1日早い29日から妙に一般の人が多かったように思います。

不景気だから少しでも安い買い物ができそうな市場に
皆さんが集まってきているのか、それとも年末の市場というのが
一般の人にも浸透し始めているのか、その辺はよく分かりませんけども。

明日はいよいよ市場の開市最終日。
セリはないので、朝いちから客先への予約相対商品の
仕分けと配達が仕事になりますね。
あとは一般客への対応ってことになります。

なんだか最後の最後になるまで盛り上がらないままで
ここまできてしまった今年の市場、せめて最終日ぐらいは
賑やかになってほしいものです。。。
別窓 | 市場ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
今年は豊漁に期待!
2010-10-22 Fri 17:37
いつの間にやら10月も終盤。。
昨日あたりから雨や風の影響でオサカナの入荷は
少ない日が続いている徳島中央市場なのですが。。。

いくらなんでも2日連続でセリにサンマがまったく出ない、
ってのは哀しすぎますよね(涙)
今日はかろうじてセリにはサンマが並んでいましたが、
やたらと高いしモノは悪いし・・。

やっとこさ納品したサンマはお客さんから
「ふにゃふにゃで料理できんぞ!」と
怒られてしまう始末・・・トホホでございます。

そんなこんなで意気消沈ばかりしてても気が滅入るので
最近ワタシはブーツをおニューにしました(^^)

newboots.jpg

もちろんデザインは今までといっしょなんですが(^_^;)
もう1年以上も履いていたので、すっかりカカトが
すり減ってしまい、このままじゃ穴が開きそう
って感じになってきてたので(汗)

久しぶりに新品の長靴を履くと・・・カカトが高くてなんだか
歩きにくかったりしますね(爆)
で、今まで履いてた古い長靴なのですが。。。
今までならそのまま捨ててたんですが、今回の長靴は
ほぼ毎日のように丁寧に洗いながら履いてたので
外見はけっこうキレイなまま。

ってことで、自宅に持ち帰って洗車用ブーツに
することにしちゃいました(笑)

さてさて、ここ数日はオサカナが全般に少なくて
盛り上がらない徳島中央市場なんですが、
先日のセリ場にはバリバリに活きがよくて、透明なオサカナが
いっぱい並んでおりました(^^)/


aori2010_1.jpg

徳島の秋冬のイカといえばやっぱりコレですよね~(*^_^*)

アオリイカ

でございます!
去年のシーズンにはほんっとにアオリイカが不漁でして、
まともにその姿を見ることが難しいぐらいだったのですが、
今年は秋口から小さめのアオリイカがけっこう入荷してきてまして、
今も順調に入荷が続いております。

そして、サイズも順当に大きくなってきていますよ~(^^)
去年は水揚げがかなり少なかったので高値に張りついたままだった
アオリイカですが、今年は序盤からけっこう水揚げがあるので
相場もけっこう安めで安定している感じです。
もちろん今の時期は大きなサイズのものは珍しいので高いですが。

aori2010_2.jpg

こんな感じの、今まさしく水揚げしたばかり! っていう
透明でまだ動いているアオリイカがセリ場に並ぶと壮観ですね!
思わず「うまそぉ~♪」っていうセリフが出てきます(笑)
で、こういう活きのいいアオリイカを見つけると、
ついついツンツンと突いてしまうんですよね~(^^)
突くと「ぴくっ!」って反応するのが面白くてねぇ(爆)

でもあんまりやり過ぎると時々スミを吐いたりするらしいので
注意が必要ですけども(滝汗)

去年の秋冬シーズンには高くて手の出せなかったアオリイカ、
今年はこのペースでいけば豊漁になるのではないかと(^^)
相場もリーズナブルな感じなので、今期は思いっきり
新鮮なアオリイカが食べられそうですよ(^o^)

徳島のアオリイカは鮮度だけじゃなく、
その身質もかなりいいらしく、他府県に出荷されたアオリイカの
評価は全国トップクラスなんですよ(^^)

徳島魚類にも、県外のお客さんから「徳島県産のアオリイカを」という
指名買いされることも多いんですよね(^^)/

徳島の海で立派に育ったできのいい子供達、アオリイカ。
この秋冬にはぜひとも一度試していただきたいですね~。
徳島県の海産物の中でもハモやワカメなんかと並んで
強力プッシュのアイテムですので、
どうも徳島のアオリイカ、この秋冬はよろしくお願いします~(^^)/
別窓 | 市場ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
早くも冬の足音が(汗)
2010-09-02 Thu 16:04
ふ~暑い暑い(>_<)
もう9月だというのに、やっぱり昼間は暑いですね~(滝汗)
今年の夏は記録的な猛暑だとか。
今頃になってそんな発表がありましたけど、
そんな発表を聞くまでもなく、今年はホントに暑いですよね。

それでも最近は出勤の時にはクルマのエアコンを入れずに
窓を開けていると、けっこう涼しげな風が
入ってくるようにはなってきましたよね。
まだまだ昼間の日差しは刺すようですけども、
それでもやっぱり季節はちゃぁ~んと巡ってるんですね。

そんなことを考えながらセリ場を見ていると・・・やや!

shirako_20100902103804.jpg

早くもタラの白子が並んでるじゃないですか!(爆)
白子といったら冬の食材の代表的なものですけども、
まさか9月になったとたんに徳島の市場にやってくるとは!
いくらなんでもまだ早すぎるとは思うんですけど(^_^;)

さすがにまだ赤いですし、なんとなく半透明な感じで
いかにも味が薄そうな感じではありますけど(^_^;)
まぁあくまでもこういう商品は「初物」ってことに意味が
あるわけでして、味はどちらかというと二の次、って感じかな(苦笑)

しかしまだ暑い季節なわけですし、初物とはいっても
まだ白子の季節にはほど遠いわけですから、
相場も全然安いですね(苦笑) そりゃまぁそうか。
初物だから貴重で値段が高い、っていうようなものでもないんですね。

この白子、徳島魚類の店前にも並べてみたんですが・・・
さすがになかなか売れんデスね~(涙)
今どきはあんまり初物に値打ちを見いだしてくれるお客さんってのは
いらっしゃらないんですよね・・・まぁおいしくもなさそうだし、
コチラとしてもムリにオススメもできんのですよね(苦笑)

白子か~ なんて感心しつつセリ場を歩くと・・あれま(汗)
こっちには・・・

sake_shirako.jpg

鮭の白子まで出てますよ(爆)
こっちはもともとタラ白子と比べると格段に安い値段で
取引される商品ですけども・・・セリ値もやっぱり
「それなり」でした(^_^;)

でも、鮭の白子が出ているってことは・・・

akizake010902.jpg

やっぱり(笑)
秋鮭もセリ場にけっこう並ぶようになってきました。
なんだかこういうのを見ていると、もうすっかり秋たけなわ!
っていうような雰囲気ですけども(苦笑)
でも実際にはハモをはじめ、夏のサカナがけっこう並んでます。
ちょうど今はセリ場のサカナも夏から秋へ、スイッチしている
真っ最中、っていうところなんでしょうね。

白子が並び始めてるってことは、そろそろカキとかも
並ぶかも知れませんね。

さてそんな秋商材や冬商材がちらほらと見えるようになってきた
徳島中央市場ですが、ほかにもこんなサカナも見え始めました。

kanpachi010902.jpg

これは天然のカンパチなんですよ(^^)
鳴門海峡あたりで一本釣りにて漁獲されたものなのですが、
バリバリに新鮮でしたよ。
まだちょっと小さな魚体のものが多いんですけども、
これから秋が深まってきたら、天然カンパチも大きくなっていくかと。

そして、徳島で秋のサカナといったらなんといってもコレ!!

boze100902.jpg

ボーゼ、ですね(^o^)
なんせ徳島の秋といえばボーゼですからね~。
標準和名でイボダイと呼ばれるこのサカナ、とにかく徳島では
大人気ですけども、徳島から出てしまうと、ホントに人気がないというか
雑魚扱いされている不遇なオサカナなんですよね~(苦笑)

徳島ではこのボーゼを開いて、そのまままるまる一匹を使って
姿寿司というのを作るんです。
徳島の秋祭りには欠かせない郷土料理のごちそうとして、
この「ボーゼの姿寿司」はホントに徳島県民は好きですよね。

boze_b100902.jpg

姿寿司で食べる、っていうことから、
このボーゼというサカナは大きなサイズよりも
小さなサイズのもののほうがこれからの季節は高い、という
ちょっと変わった相場になるのも面白いところです。

大きすぎると姿寿司に使えないですからね。
もちろん大きなサイズのほうが脂のノリもいいですし、
塩焼きするなら大きなサイズなんですけども、
なんせとにかく「ボーゼの姿寿司用」っていうのが
徳島では一番値打ちがあるサイズ、っていうことになるんですね。

ただこのボーゼ、今年は水揚げがちょっと早めに始まった、
という感じがしますね。
こんな調子だと、秋祭りの全盛期を迎える頃には
ボーゼは大きく育ちすぎてしまってるような気がします(>_<)
こんなところにも地球温暖化の影響、、なんでしょうか??

そしてコッチのサカナも相変わらず。

sawara100902.jpg

最近は旬がいったいいつなのか、よく分からなくなってきてる、
サワラです(^_^;)
さすがにいっときほど大量ではないものの、相変わらずかなりの数が
セリ場に毎日並んでいるので、お値段は引き続きかなりお買い得感の
ある状態が続いていますよ~。

そしてこちら。

mizukamasu100902.jpg

お盆の後ぐらいから急にイッパイ出てきだしたのが
水カマス
ですね。 それまではどちらかというと本カマス(尺八)が
けっこう揚がってたのですが、今はもう完全に水カマスのほうが
数が多いですよ。

もともと水カマスってのは尺八に比べて身に水分が多く、
どちらかというと水っぽい味なので相場的には尺八よりも
だいぶ安い、っていうサカナなんですが、こんだけイッキに
出てくると、そりゃもう値崩れしてる、っていう状態です(^_^;)

身に水分が多いという水カマスではありますが、
開いてフライにしたりとか、一夜干しにすると美味しいんですよ(^^)/
特に一夜干しにしてやると、水分が抜けて旨味が凝縮されるので
水カマスは開き干しに限る! っていう人も多いです(^^)

とにかく今はサワラ、水カマスが安いですから、
スーパーさんなどで見かけたらぜひ食べてみてください。

不漁でとにかく値段が高くなってしまっているサンマを買うよりも
ずっとオトクでオイシイと思いますよ~(^o^)

別窓 | 市場ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
コヤツの旬はいったいいつなのか??(汗)
2010-07-28 Wed 12:25
さてさて7月も終盤の28日ですが、
8月の声を聞くまでもなく、毎日暑い日が続きますね(汗)
今日は市場は休日の水曜日。
ワタシもノンビリと自宅でパソコンに向かっております。

土用の丑の日も終わって、
なんかひと段落付いてしまったかのように今日に落ち着いてしまった
昨日の徳島中央市場だったのですが、そんなこじんまりと
落ち着かなくてもどしどしオサカナが
動いてくれると嬉しいんですけどね(^_^;)

そんな妙にこじんまりとしている市場の中で、
最近やたらと入荷しているサカナがありまして。
しかもコヤツ、ワタシの中では寒い時期に旬のはず。。
なんで真夏に?? っていう妙な状況なんですよね(汗)

なんせセリ前の早めに時間帯にセリ場に行くと・・・

sawara100726.jpg

なんかもうどっさりと積み上げられた大きくて長い箱が
いっぱいなんですよ(滝汗)

もうお分かりかと思いますが、いまの時期に妙に水揚げが
多いのがサワラなんです。
う~ん、なんでサワラ??

たしかサワラって、「うおへんに春」って書くぐらいのモンですから
よく知られた旬は春のはず。
そしてずっと前にワタシがBlogでも書きましたけども、
実は徳島ではサワラの旬はもうちょっと早くて冬場から春先、
っていうのが相場になってたはずなんですよね(^_^;)

なのになんでこんな大量のサワラが徳島で揚がってるんだろう?
しかもこれがこの日だけじゃなくて、ここ数日ずっとこの調子。
もちろんタダでさえ需要の少ない時期ですからね、こんなに大量の
サワラがイッキに上場されても相場はがた落ちです(爆)
そりゃもう「コレがサワラの値段かよ!?」っていうような
安値でセリ落とされてるんですよね(^_^;)

なんかとても気になってたので、セリ場でサワラをせっせと並べている
荷受けの担当者さんに聞いてみたんです。
この時期ってサワラって獲れてたっけ? ってね。

すると・・担当者さんが言うには

だいたいこれぐらいの時期って毎年サワラが獲れるでよ。
サワラっていうよりもサゴシサイズのが多いけどね。


とのこと。。
う~ん、、そうだったっけか?(^_^;)
なんかそういう記憶があんまりないんだけどなぁ?

さらに気になったので、ネットで他の産地の様子を見てみると・・・
う~む、確かに日本海側でもそこそこサワラ、、というかサゴシが
それなりにまとまった数で揚がってるようですし。。
やっぱり夏場って密かにサワラがまとまって
水揚げされる時期なのでしょうか?

しかしサゴシが多い、っていうけれど。。。
セリ場に並んでいる魚を見てみると・・・

sawara100726_2.jpg

コイツなんて6.7キロもありますよ(滝汗)
こりゃどう見てもサゴシなんかじゃなくて立派なサワラです。
ほかにも8キロ台なんていう化け物みたいな巨大なサワラを
筆頭に、かなり大きな魚体のものがけっこう並んでました。

う~ん、、、なんか解せないんだけどなぁ?(^_^;)

この時期、サワラって水揚げされる時期なんでしたっけ??
誰か教えてくださいm(_ _)m


別窓 | 市場ネタ | コメント:2 | トラックバック:0
市場マンにもオススメのひんやりグッズ
2010-07-27 Tue 21:12
昨夜、帰宅すると嫁さんと三男くんがワタシに

ちょっと早いけどお誕生日おめでとー!

といって、こんなモノをプレゼントしてくれました(^^)

icenon.jpg

一瞬いったい何だコレ? って思ったのですが・・・
へぇ イマってこんなモノがあるんですね。
白元から発売されている、

アイスノン 冷水スカーフ 
っていう製品なんです。

ワタシはてっきりアイスノンっていうから
冷蔵庫で冷やすのか? って思ったのですが
そうではないようです。
裏面に取扱説明が書かれていたのですが
それによるとこれは水道水に浸して軽く絞って、
あとはそのまま首に巻くとスカーフに含まれている水分が
蒸発するさいに気化熱を奪うので涼しくなる、
っていう仕組みなんですね(^^)

なるほど、これはなかなかエコだし体にも優しそうだな
ってことで今朝のセリからさっそく試してみることに。

説明書の通りに、スカーフの真ん中あたりにある吸水パッドの
あたりに水道水をかけてやり、軽く絞ってこれを首に巻いてみました。
すると・・・

おほ~ こりゃひんやりして
めっちゃ気持ちええぞ!(^^)/


ほんとにね、すーっと汗が引いていくような感覚があります。
こりゃビックリの効き目です。
もちろん水道水に浸した直後なのでじっさいスカーフの温度は
かなり低いでしょうから、ひんやりとしてて気持ちいいのは
当たり前なのかも知れないんですけどね(苦笑)

でもこれね・・・この涼しさが使っているうちに
やや薄れてはくるものの、それでも明確に首筋が涼しいっていう感覚を
けっこう長時間にわたって維持してくれるんですよ(^o^)

説明書では1回水に浸すと4時間の持続力、とありましたが・・・
これはさすがにオーバーな気がしますけども
それでも2時間ぐらいはけっこう涼しい状態を
キープしてくれますね~♪

持続時間が短かったのはひょっとしたらワタシが水道水に浸すときに
水を絞りすぎたのかも知れないですけども(^_^;) 
でもこれはホントに予想以上に快適でした(^^)


なんでも、ニンゲンが暑がっているような状況の時には
首筋や脇の下を冷やしてやると体全体を冷やしているのと同じぐらいに
効果があるっていうのは聞いたことがありましたけども・・・
ホントにこれほどとは。

これはワタシのこの夏の必須アイテムになりそうな予感です(^^)/
ちなみに去年の夏は涼感スプレーってのを使ってみたんですよね~
これはこれでけっこう効き目はありましたけども、
それよりもこの冷水スカーフはコストもかからないし、
だいいちエコですよね!

なんせ水に浸けるだけ
乾燥してきたらまた水に濡らしてやるだけでいいんですもん(^^) 
電池も要らないし消耗部品もない。薬品の類も使わないし
何度でも使用できますからね~。

唯一の難点は・・・水色というカラフルなカラーリング一色しかなくて
これをオッサンがセリ場で装着していると、
なにやら「高齢化社会のボーイスカウト」みたいになっちゃう、
ってことかな(^_^;)

まぁそれでも幸いなことに
ワタシが毎日来ている徳島魚類の仕事着は同じような
水色のダンガリーシャツなので、
それほど目立たないのでなんとか大丈夫そうです(^_^;)
これ、買ってもらったのでいくらぐらいのモノなのかは
分からないのですが、これはけっこうナイス! 
お気に入りのグッズになりそうな感じです(^^)

アツイ場所で仕事をされている方、
あるいは炎天下でスポーツなどをされる方などなどには
これはけっこうナイスな救世主になってくれるかもしれませんね(^o^)
ワタシ的には思っていた以上の効き目があったので
ちょっとビックリしてるくらいです(^^)

ってことで、このグッズは夏場の市場マンにもオススメですよ~♪
別窓 | 市場ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | 不定期更新 市場日記 | NEXT