FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
激レアなカツオくん
2005-01-07 Fri 15:44
今日、店前にとても珍しい魚が入ってきました。
たった1杯だけのそれは、徳島市内の有名料理店の主人が
ずっと以前から注文していたものらしく、
それがやっと今日、1杯(3匹入りでした)だけ
入荷したのです。

店前にはちょっとした人だかりができ、
私も見てみたのですが・・
・・・なにこれ? サバ? よこわ? という感じ。
どうもこれ、「カツオ」だというのです(汗)
え~? これがカツオ??
20050107153726.jpg



ある魚類マンはもう興奮状態で
「一匹だけ買い主に頼んで絶対に分けてもらうんや~」
とハッスルしまくりです。

この魚類マン曰く、このカツオは「ミツボシガツオ」
だというのです。
とても珍しいカツオで、めちゃくちゃうまい! らしい。
この魚類マンも食べたことは今までないから、ぜひとも
食べてみたいということだったのですね。

ミツボシガツオというのはどうもあだ名というか、
正式名ではなさそうだったので、
ネットで検索してみました。

この魚の名前は「スマガツオ」。
特長はエラの後ろあたりのお腹に3つ程度の
斑点模様があること。
この斑点模様から「やいと」と呼ぶ地方が
多いのだそうです。

20050107153742.jpg

これがその斑点。たしかに三つありますね。
「ミツボシガツオ」なるほどです(笑)
でも三つ斑点があるとは限らず、
個体によって斑点の数は違うらしいです。
でもどれも同じスマガツオです。
ちなみに今日入荷していたスマガツオは一匹は
3つの斑点、もう2匹は6つの斑点模様が
確認できました。

いろいろと調べてみると、確かに中央市場に
流通することはめったにないレアものみたいですね。
味のほうはというと、あっさりとした味で
カツオ特有のくさみがほとんどない、ということで、
よこわに似た味だとか。

結局、買い主のご主人からこの魚類マンは
一匹を分けてもらい(もちろん代金を払って、ですよ)
さっそく頭を落として身を見ていましたが、
あっさり味だという割にはなかなかどうして、
ハラにはしっかりと脂がのって、
いかにもおいしそうではないですか!

これは推測ですけど、スマガツオは一般的には
あっさり系だけども、冬場にたまたま獲れる
スマガツオは脂がのっているのかもしれないですね。

ネットで見たスマガツオの写真はスマートでしたが、
今回入荷したものは写真の通りにぷっくらまるまると
よく肥えて、いかにも脂ノリノリという感じでしたから。

ちなみに本当のカツオにとって、冬は旬はずれ。
カツオに脂がのっておいしいのは「戻りガツオ」
シーズンの秋口になり、冬場は脂もなくてあまり
おいしくない季節なんです。
当然、セリ値も安値傾向になりますが、
スマガツオは同じカツオの仲間でありながら
冬でもこんなに脂がのってるんですよ。
値段も今日のカツオのセリ値の倍以上(汗)
これでも「かなり安い!」という
価格なんだそうですよ。

20050107153757.jpg

こちらが本当のカツオ。
お腹の横縞が特徴なのはみなさんご存じの通り。
ちなみのこの横縞、生きて泳いでいるときにはなくて、
死んでしまうと浮かび上がってくるんですよ。

この季節のカツオさんはご覧の通りダイエット中で
かなりのスレンダーバディ(笑)ですね。

念願のスマガツオをゲットした料理店の
ご主人はもうほくほく。
そしてその中から一匹分けてもらった
魚類マンもほくほく。
でもこの魚類マン、スマガツオを店前で見つけた
別のお寿司屋さんの
大将に「頼む~ そのスマ、ワシに売ってくれ~」と
猛攻を受けてタジタジになってましたとさ(爆)

でもほんと、そんだけみんな必死になるぐらいに
レアでおいしいカツオみたいですね。
う~ん、どんな味なんだろうか??

明日、この魚類マンに感想を聞いてみなくちゃ。
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |