FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
徳島のカニ
2005-03-23 Wed 11:27
さて今日は、徳島で水揚げされるカニのお話です。

カニ、というと有名どころはやはり「ズワイガニ」とか
「タラバガニ」ですよね。
これらのカニは徳島の市場でも活きた状態で入手できますが
漁獲されるのは日本海側やロシア近海というものがほとんどなので
徳島の近海で獲れるものではありません。

全国的に有名なカニというと、おおまかにいうとこの2種類
ということになるでしょうね。

でも徳島で獲れるバカウマなカニとして「ワタリガニ」
というのがいるんですよ。

watari.jpg


ズワイやタラバと比べると小さめで色も地味なので
それほど知名度があるわけでもないのですが、
徳島でカニというとやっぱりワタリガニですね。

その証拠に、徳島の市場で単に「カニ」というと
それはワタリガニのことを指すんですよ。

味のほうはというと、ズワイやタラバもおいしいですけれど
旬を迎えた頃のワタリガニのほうが味が数段濃厚で、
うまみたっぷり!
特に卵をかかえたメスのワタリガニはもう・・ジュルジュル(笑)
セリでもやはり、メスのワタリガニのほうが値が張ります。

人によっては「ワタリを食ったらズワイやタラバは食えんね~」
というほどのものですよ。
私もどっちかというとワタリ派ですね(笑)

ただこの「ワタリガニ」という呼び名も地域限定の名前らしく、
一般的には「ガザミ」というなんともおいしくなさげな名前で
呼ばれているみたいですね(苦笑)

このワタリガニとは別に徳島で獲れるカニがいます。
こっちのカニはズワイやタラバに負けないぐらいに大型で
色もキレイな赤い色をしています。

それがコイツです。
takaashigani.jpg


コイツの名前は「タカアシガニ」
なんでも、世界最大の甲殻類なんだそうですよ(汗)
足を広げると2メートルにもなる特大サイズもいるんです。

このタカアシガニは徳島限定のカニということでもなくて
けっこう広いエリアで獲れる種類なんですね。
通常は200メートル近い深海に棲んでいて、漁獲されることは
ほとんどないんですけれども、
春になると産卵のために浅い海に上がってきて、
他の漁をしている網に引っかかる、というような感じで
獲れるようです。

希に春以外にも獲れることがあるのですが、数として多いのは
やはり今頃の季節ですね。

このタカアシガニは、徳島ではワタリガニというバカウマな
カニがいるせいで、あまり脚光を浴びることもなく、
そのカラフルないでたちとは裏腹にけっこう安い値段で
取引されています。

徳島以外、特に関東地方の料理旅館ではこのタカアシガニを
名物にしているところも多いようなので、人気の高い地方も
あるみたいなんですけどね(苦笑)

料理法としては蒸す、あるいは焼くというのが
一般的みたいなのですが、難点があるんですよね。
それはですね、「デカすぎる」ってこと(爆)

このカニを名物にしているお店なら専用の調理器具も
あるんでしょうけども、普通のお店だと、こんなデカいカニを
そのまま料理できるような大きな調理用具がないらしいんですね(苦笑)

かくいう私もまだこのタカアシガニは食べたことがありません。
といっても自宅でコイツを料理できるはずもなく・・
う~ん、一度は食べてみたいんだけどなぁ。
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:5 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |