FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
市場マンはフック船長?(笑)
2005-05-19 Thu 04:33
今日は市場といえばコレ! というぐらいのアイテム「手カギ」について。

tekagi.jpg


実は私、子供の頃に市場に遊びに来たときなどに
この手カギを見ていたのですが・・・ゴルフクラブだと思ってました(爆)
「なんで市場にはこんなあちこちにゴルフクラブがあるんだろう?」って。

まぁこの握りの部分がなんとなくゴルフクラブのウッドに
似てなくもないってことなんですが・・・短すぎるって(汗)

さてこの手カギ、ご覧の通りに握りのついた木の棒の先に
けっこうするどい鉄製のフックが付いているというカタチをしてますが、
もともとは魚や魚を入れる箱にこのフックを引っかけて持ち上げたり、
引っ張ったりするための道具なんですね。

徳島魚類にも何本もの手カギが店前にぶら下がってて、
長さもいろいろなバリエーションがあります。

その昔、市場に入ってくる魚は木箱に入っていたんです。
なので、この木箱を持ち上げて運ぶときには木箱に手カギのフックを
片方引っかけて持ち上げる、というスタイルが一般的だったようです。

片方を手カギ、もう片方を手で持ち上げている様子は端から見ていると
そんなに軽くなさそうなんですけど、実際にやってみるとコレが不思議。
普通に両手で持ち上げるよりもずいぶんと軽く持ち上げられるんですよ。

最近は魚たちは発泡スチロールの箱に入っているので、箱もずいぶんと
軽くなったものです。
そんなこともあってか、最近は仲買の店前などで手カギを使って
魚を運ぶ姿というのはあまり見かけなくなりました。
荷受けの人たちがセリ前にセリ場に魚を並べるときには、箱の数が
なんせ半端ではないので、やっぱり手カギを使って並べている人が
けっこういますね。

手カギの基本的な使い方は魚の箱や魚のえらなんかにフックを引っかけて
持ち上げる、ということなんですけども、棒の先にフックが付いただけの
この単純の道具にはほかにもいろんな使い道があるんですよ。

まぁとにかく、形状からしてなにかの端にフックを引っかけてたぐり寄せる、
といったことにはひととおり使えますね。
海水を入れる水槽や作業台の足、以前の日記に登場したマグロのスノコ等。
身の回りの硬いモノなら、ちょっと並べるときなどに手カギをひょいっと
引っかけてたぐり寄せれば実に簡単なんですね(笑)

それから荷受けの人が活魚を締める(血抜きをする)作業をするとき、
通常なら包丁で頭の後ろのあたりを切るところを、手カギで一発!
ブッスリと突き刺すことでやってのけるなんて人もいますね。

この日記によくコメントを付けてくれる某氏なんかは
タイをしめるときは「手カギで一発!」いやはや名人芸ですね。

あと私が一番びっくりしたというか意外だった使い方はですね、
樹脂製の結束バンドなんかを手カギで切ってしまう、という使い方。
入荷してくる魚の中には、箱をいくつか重ねてひとまとめに結束バンドで
縛ってあるものがあるんです。
帯状でブルーのような色をしたものが多いと思いますが、一般にも
段ボール箱などが開かないように結束してある、あの硬い帯です。

あれを手カギで切る・・・想像つきます?
フックを突き刺して引き裂く? いえいえそうではないんです。
帯にフックを引っかけて、その状態で手カギをねじるんですよ。
そうすると意外や意外、あの強い結束バンドがばっち~ん!と
切れてしまうんですね。

もちろん市場マンはカッターとかも携帯しているので
カッターを使えば普通に切れるんですけどね(苦笑)
手に手カギを持ってたら、そっちが手っ取り早いってことで(笑)

とまぁそんなふうに、フックひとつでもけっこういろんなことに
使えちゃうわけなんですよね。

しかしこの便利な手カギという道具、市場の中ではとても一般的な
「商売道具」となっているわけですが、市場の外に持って出ると・・・
どうやら銃刀法違反となってしまうらしいんです(汗)
これってホントなんですかねぇ?

ちなみに、朝の早い市場マンたちですので、たまに通勤途中に深夜の
一斉検問などで止められることもあるわけですね(苦笑)
中でも「危険物取り締まり」というような主旨で行われる検問の場合、
車内に手カギなんか載せてたりすると「なんじゃこりゃぁ?」と
警官に詰め寄られる、なんてことになってしまうそうな。

私は手カギは持ち歩かないのでそういうスリリングな体験は
したことないのですが、
手カギ使いのプロである「あの某氏(笑)」は実際に検問で
車内に手カギがあるのを発見されてえらい目にあったとか(爆)

市場マンの皆さん、手カギは市場に置いて帰りましょうね。
スポンサーサイト



別窓 | 市場ネタ | コメント:5 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |