FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
いろんな名前で出ています
2005-10-20 Thu 15:36
天高く馬肥ゆる秋。。いい季節になってきましたね!
会社帰りに駐車場でふと見上げた秋の空はくらっとするほど高くて
ひとしきり首を上に向けたまま
突っ立ってぼーっとしてしまいました(苦笑)

sunset.jpg


いやぁ 空を見上げるなんて久しぶりだったような気がします。

暑かった夏から一転して、最近は出勤の時には寒いぐらいで、
なかなか適温の時期っていうのは短いもので(苦笑)

今週は週の初めから日本の南海上にあった台風20号の影響か、
波が高かったり風が強かったりで、市場に入荷する魚が
少なめの日が続いています。
まったくない、ということはないのですが、なんか少ない、
という中途半端な状況です。

さて、徳島県地方はこの季節というと、
あっちこっちで秋祭りが開かれているんですよ。
大きな祭りからほんとにご近所さんだけの小さな祭りまで
ほんとにあちこちで祭りをしてます。

先日、勝浦町の秋祭りというのに出かけたのですが、
これはどちらかというと小規模な祭りのようで、
集落の中心にある神社の秋祭り、というかんじでした。
花火も上がったのですが、山間のちいさな集落の祭りということもあり、
河原から上げられる花火はそれこそ頭の真上で花開くので
とても迫力ありましたね。

そしてなにより、その周辺に住んでいる人たちしか来ていない、
というかんじで、とてもこじんまりとしていて、住民達の
手作りという感じでとてもステキでしたよ。

私の住んでいた地域には夏祭りしかなかったし、
どちらかというと大規模なお祭りだったので、小さな秋祭りというのは
なんだか映画のワンシーンを見ているようでとても感動しました。

ちょっと話が逸れましたが、そうした徳島の秋祭りで欠かせないのが
なんといっても「ボーゼの姿寿司」です。

bouze.jpg


ボーゼっていう魚はホントにいろんな呼び名がありますね。
徳島県内だけでも「ボーゼ」「しず」という呼び方がありますが、
標準和名は「イボダイ」っていうんです。
いぼだい・・・なんだかおいしそうじゃないですよね(苦笑)

関西エリアでは「うおぜ」とか「えぼだい」とか言われているようです。
ほかにも私が知る限りでは「えぼ」というラベルをつけて売っていた
スーパーもありました。
エボ、とかいうとクルマ好きな私は某三○製のスポーツカーを
想像してしまいますけどねぇ(笑)

きっとほかの地域ではまた違う呼び名があるんでしょうね。
違った呼び方をしている人、ぜひ教えてくださいませ。

さてこのボーゼという魚は秋が旬でして、白身でとても美味しい魚です。
塩焼き、煮付け、南蛮漬けはもちろんですが、前述の通りに
この季節になると姿寿司としてとてもたくさん消費されます。

ボーゼの姿寿司というのは背開きで酢でしめたボーゼを一匹まるまる
すし飯の上に乗っけたお寿司で、見た目にはグロテスクだと思う人も
けっこういるみたいですね。
私たち徳島県民はもう見慣れてしまってますが(苦笑)

ボーゼは徳島ではもちろんたくさん揚がるのですが、徳島以外でも
けっこう水揚げされてます。
今、市場に並んでいるボーゼは地物の他にも愛媛産、香川産、
そして京都は舞鶴から来ているものも多いです。

基本的にはサイズが大きなものが高値ですけども、
この季節に需要が増えるのは姿寿司用のちょっと小さめサイズ。
小さめのサイズは値段も手頃だし、秋祭りの定番としては
リーズナブルでとてもおいしいからファンの多い食べ物ですね。

このボーゼの需要期が終わると、徳島の市場も徐々に「冬の魚」が
増えてくるようになります。

ほんとに魚を見ていると、季節を感じますね。
市場の魚と秋の空・・・ってか!?(笑)
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |