FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
バラクーダ!!
2005-11-11 Fri 16:09
今日はひさしぶりの「巨大生物」シリーズです(笑)

私たち市場マンは、お客さん達からもらった注文の魚が
セリに並んでいるかどうかをチェックするために、
セリが始まる前にはセリ場を見て回る人がけっこう多いんです。

かくいう私もその一人なわけですが、今朝はセリ場を見回っていた
i垣さんから「セリ場にバラクーダがおるぞ!」と言われました。

バ、バラクーダ!? 
バラクーダっていうと、ダイス船長なんだか船の名前みたいですが
そんな名前の魚がセリに出るの?? と指を指す方に見に行くと・・
どうやらコイツのことを言っているようです。

kamasu1.jpg


な~んだ、カマスやんか、と思ったのですが・・・
ちょっと待て、これってカマスの大きさなのかよ!?(汗)

写真で見ると、普通のカマスに見えますが
これに普通の大きさのカマスを並べてみると・・・

kamasu2.jpg


こんなに違うんですよね(滝汗)
箱をチェックしてみると、このカマス、5キロで7尾入り。
つまり一匹あたり700グラム以上もあるんですよ(爆)
長さで言うと、ゆうに50センチは超えていました。

下に写っているノーマルサイズのカマスで、
だいたい200グラム前後。
通常の3倍というシャアザクみたいな大きさなんですよね。

さて、市場に入ってくるカマスには大きく2種類あるんです。
ひとつは「本ガマス」とか「尺八」と呼ばれる種類。
もうひとつは「水ガマス」と呼ばれる種類ですね。

一般的には本ガマスのほうが味がいいと言われてまして、
セリ値も本ガマスのほうがだいぶ高いです。
では水ガマスは美味しくないのかというと、さにあらず。

水ガマスは名前からもおわかりの通り、身の水分が多いんだそうで。
なので、平たくいうと「水っぽい味」ということになるわけで。
でも、この水ガマスを一夜干しなどの干物にすると、
余分な水分が抜けてうま味が残るので、とてもおいしくなるんです。

お値段手頃ってこともあるので、干物で食べるのがオススメですね、
水ガマスくんは。

今、セリ場に並んでいるカマスは大半が尺八、つまり本ガマス。
少し前には水ガマスがほとんどだったのですが、
ここのところはずっと本ガマスばかりがセリ場に並んでいる状態。
セリ場に並ぶ量じたいもかなり多めなので、本ガマスが
けっこうお得な値段で競り落とされているのが今の相場ですね。

私の経験の上からは、単純に「大きなサイズのカマス=本ガマス」
というイメージがあったので、この巨大なカマスもてっきり
本ガマスだと思ったのですが、何を隠そうコイツは水ガマス。

うそ~!? って思ったのですが、どうやらカマスでも
ここまで大きくなるのは水ガマスだけなんだそうです。

私も市場マンとしてはまだまだですね(苦笑) とほほ。。。

あ、ちなみに冒頭でi垣さんが言った「バラクーダ」ですが、
これはカマスの英語名なんだとか。

でもね、ネットで調べてみたらバラクーダっていうのは
「オニガマス」っていう1メートルにもなるもっと大きな
カマスのことを言うみたいですね(苦笑)

肉食で、ヒトを襲うこともあるんだとか・・ひえ~(滝汗)
それに比べたら、この巨大水ガマスくんもかわいいものですね。
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |