The link at the date of the calendar is an entry.
癒し系??
2006-07-30 Sun 09:28
昨日のセリで、ちょっと変わったサカナが並んでいました。
それがコイツなのですが。。。

coppy1.jpg


小さな洒落た瓶に入れられた、それはそれは小さなサカナ。
いっしょに入っていた説明書によると、「コッピー」というらしいです。
あんまり聞いたことはなかったのですが、小瓶の中を
覗き込んでみると、小石が敷き詰められた瓶の中には、
藻もはいっていて、その間を泳ぎ回る小さくて鮮やかな色の
サカナが二匹。どうやらこのサカナがコッピーくんらしい。。

coppy2.jpg


説明書によると、この小瓶は藻が入っていることで、
小さな「ビオトープ」になっていて、藻の光合成によって
酸素が作られるのでブクブクを取り付けなくても大丈夫で、
エサは少量を3日に一回ていど、水替えも月に一度でいい、という
なんともお手軽な水槽のようなんですよ。

コッピー、というの愛称で、入っている魚は
コッパーフィン という魚のようです。
で、愛称がコッピー、と(^^)

会社でこのコッピーの話になったのですが、
これがなかなかどうして。テレビや新聞でも
紹介されているぐらいに流行っているんだそうです。

なんでも「癒し系観賞魚」なんだとか。
はぁ~ なるほどね~(苦笑)

セリにはほんとにいろんなサカナが並びますけども、
たまーにこういう「食べられないサカナ」も並んだりします。
よく並ぶのは金魚なんですけどね(笑)

金魚は酸素充填した小さなビニール袋に入れられて、
夏場にはけっこうたくさん並ぶんですよ(^^)

でもコッピーなんてのが並ぶのは今年が初めてですね。
ネットで調べてみたところ、確かに最近流行っているようです。
セリ場に並んでいたコッピーは、コッピーの販売では
一番の大手の会社のものらしく、この会社は主に花屋さんの
ルートでこの小瓶に入ったコッピーを販売しているようです。

いろんな人がコッピーを購入して、飼育日記とかBlogが
たくさんネットで検索されました。
ほんとにけっこう流行しているみたいですね。

それがどういうわけで鮮魚のセリ場に並んだのかは
よく分からないんですけども、とりあえずセリのメインは
あくまで「食べられるサカナ」ですからねぇ(苦笑)

このテの観賞魚っていうのは金魚も含めてあんまり値が
付かないことが多いですね(^_^;)
そらまぁそうですよね、セリ人は料理店やスーパーさんが
お店で販売する「安くていいサカナ」を買うわけですしね(苦笑)

お客さんにしても、店前にコッピーが並んでいても
やっぱりそういうサカナにはあんまり興味がないっていうか(^_^;)
それでも店頭のあしらい用に、とか、お客さんへのプレゼントに
しようか、とか、そういう用途で買って行かれるお客さんも
いらっしゃいましたよ(^^)/

説明書を読んでみると、まぁいろんなタイプの瓶に入った、
いろんなサイズのコッピーが販売されているようです。
それぞれの定価も書いてあったのですが・・・・。

セリ値はその定価よりも格段に、というか
メチャクチャ安いんですよね(爆)
ハッキリ言って、コッピーが欲しいっていうお客さんにとっては
すんごいお得というか、超破格のお値段でしたよ(苦笑)

やっぱりねぇ 都会で流行っている癒し系観賞魚なんて、
鮮魚市場ではあんまり価値を見いだしてもらえないですよね(爆)

金魚にしてもそうなんですけど、このテのサカナは
店前で売れ残ってしまうと、なんせ活きていますから
そのうちに死んでしまうんですよね(汗)
でも徳島魚類は「豊富な品揃え」が自慢ですから、
セリ場に並ぶサカナは可能な限り買って店前に並べるのがモットー。

なのでコッピーもたくさん買ったわけですよ。
金魚もそうですけど、売れ残ってしまうと死んでしまうし、
そういうサカナは店前の片付けが終わった後で、
みんなの哀愁を誘うんですよ(^_^;)

なんでしょうねぇ 不思議なものですけども、
ヒラメとかハモとか、そういう普通に入荷しているサカナは
「〆といてな~」と言われると、普通にバシバシ活き〆に
しちゃうんですけども、金魚とかね~ こないだの金色のハモにしても
なんだかキレイで珍しいサカナだと、殺してしまうのが
かわいそう、って思っちゃうんですよね(苦笑)

なので、金魚にしてもこのコッピーにしても、
売れ残って店頭の片隅に置いてあると、
従業員が買って帰って飼育したり、会社に訪れるいろんな
お客さんとかに事務員が「無理矢理販売(^_^;)」したり(笑)

今回のコッピーも会社の従業員やら来客やらに次々と売れていき、
その日の夕方までに無事完売(^^)/

でもやっぱり、不思議と金魚なんかはよく売れるんですよね(笑)
私も何度か買って帰りましたよ。
従業員の中には、売れ残りの金魚を買って帰って、
それが飼育しているウチにどんどん巨大化して、もう何年も
生きている、なんていうこともあるようですね(笑)

そういや私も金魚だと思って買って帰った小さなコイが
先日まで玄関先の水槽の中にいたっけ。。
このコイは先日、子供のお友達にもらわれていきましたけども。

さてこのコッピー、ちゃんと飼育の説明書とか、
半年分のエサまで付いています(笑)

coppy3.jpg


至れり尽くせりで手間いらずな、なんとも今風な観賞魚、
あなたもおひとつお部屋にいかがですかな??(*^_^*)
タイミングが良ければ、市場で破格のお値段でゲットできたりして。
スポンサーサイト
別窓 | 市場ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 | NEXT