FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
新鮮なっ! とくしまフェア
2006-07-10 Mon 17:00
去る7月8日(土曜日)に、キョーエイ・タクト店にて
「新鮮なっ! とくしま フェア」が行われました(^^)/

このイベントは、徳島県が主催で行われているもので、主に県外に
移動販売トラックである「新鮮なっ!とくしま」号が出かけていき、
徳島の名産品をPRして回る、というものなのですが、
昨今の「地産地消」機運の盛り上がりを受けて、徳島の誇る名産品を
地元・徳島のみなさんに知ってもらおうという趣旨から、
初めて徳島県内の量販店を舞台にして行われたんです。

この記念すべき県内初回のイベントに、ハモも出品されました!
今回は「あんみっつスイカ」やすだち、そして水産物からは
ハモと養殖アユがメインのアイテムとして登場したんですよ~(^^)

会場であるキョーエイ・タクト店の駐車場にクルマを乗り入れると
まず目に入ってくるのがこの「新鮮なっ!とくしま」号です。

nattoku0.jpg


でっかいですね~  
で、正面に回るとこういうことになってるわけです。

nattoku1.jpg


ウイングを開くとステージやキッチンルーム、AVシステムまで完備した
まさしく「移動するキッチンショウルーム」というわけ。

ステージの脇には活きたハモを泳がせてある水槽や、
アユに直接触ることのできる「タッチング・プール」も
用意されておりまして、子供達に大人気でしたよ。

nattoku7.jpg


残念ながら活きたハモには触ってもらう、っていうわけにもいかず、
網をかぶせられた水槽のヨコから
見てもらうだけだったんですけどね(^^;)
触ってもらってもいいんですけども、きっと子供達の腕やら手やら
血まみれになるのは目に見えてますからねぇ~(爆)

駐車場では時間ごとに多彩なイベントが行われまして、
たくさんのお客さんで大にぎわい!
時折つよい雨の降るあいにくの天候だったにもかかわらず
大盛況でしたよ。 まずは大成功! というところですね。

キョーエイさんの店内では、もちろん出品されていたアイテムを
筆頭として、地産地消フェアが同時開催されて、いろんな地元の
特産品が販売されていました。

もちろん、ハモやアユも鮮魚コーナーに特設ブースを設けての
PRと販売が行われました。

nattoku2.jpg


すだち君も応援に来てくれまして、そらもうハモもアユも
たくさんたくさん売れておりました~(^^)/
ハモはね、もちろんご家庭でもすぐに調理できて、
なおかつ鮮度抜群、味のほうも折り紙付きの「きらびき」!
きらびきの1尾入りパックと湯ハモバージョンのきらびきが
販売されて、とっても好評でしたよ(^o^)

ステージで行われたイベントの中にはなんと!
「巨大ハモとの記念撮影大会」なんていう変わり種までありました。

nattoku4.jpg


こんなふうに吊された2キロアップのハモといっしょに
写真を撮りましょう! っていう企画で、私たちからしたら
「うげっ!?」っていう企画なんですけども(^^;) これがどーして。
お子様たちにはけっこう人気だったみたいです。

イベントの進行と平行して、ステージ奥のキッチンスペースでは
小松島漁協の婦人部のみなさんたちによる「ハモの天ぷら」が
次々に料理されてまして、会場周辺を訪れたお客さん達に
試食でふるまわれました。

nattoku3.jpg


私ももちろんいただきましたが・・・これがもう んまいっ!
ふっくらとしていてカリッとしていて。。絶品でしたよ~(*^_^*)
これ食べたら思わず店内できらびきハモ買っていきたくなるってもの(笑)
もちろん、この試食でふるまわれたハモも「きらびき」ですよん!

これとは別に、漁師さん直伝による「ハモの骨切り実演」も
行われました。

nattoku6.jpg


さすがの手さばきで骨切りをしていく様子は
見ていて惚れ惚れしましたね~。

きらびきっていうのは骨切りは機械でやってますので、
日頃は私たちもこういう骨切りの風景っていうのは意外と見ないので
けっこう興味深く見入ってしまいました(苦笑)

そしてお昼からは、徳島県知事さんが会場入り!
トップセールスってことで、知事自ら徳島県のみなさんに
地元の特産品のPRをしていただきました。

nattoku5.jpg


知事みずからスイカやらきらびきハモやらを、とってもおいしそうに
ほおばっていただきました(*^_^*)
「あんみっつスイカ」を生産する農家の方や、ハモを獲る漁師さんとの
対談もなかなか興味深く聞かせていただきました。

思えば徳島魚類が地元・徳島でたくさん水揚げされているハモに
着目して、ハモの事業を始めてからもうすでに5年以上・・・。
いろんなテを尽くして、PRに勤めてきたつもりです。

そのために「きらびき」というブランドを立ち上げたのが昨年。
「きらびき」という名前も徐々にではありますが、
浸透しているような気がします。

しかし、その一方で地元である徳島では、ハモの認知度は
低いままだったんです。
こんなにも良質なハモがたくさん水揚げされているのに、
地元ではそんな事実さえ知っているヒトの方が少ない状況。

そんな中、今年は「徳島県の魚」として、ハモが徳島県が
PRすべき重要水産物として指定されたわけです。

私たちが一生懸命やったところで、やはり小さな企業一社で
どうこうなるものでもないわけでして(涙)、
そこに現れたメジャープレーヤーが「徳島県」というわけです。

というより、県が本格的にPRしてくれるとなれば、
私らのほうが完全に脇役で、サポート役みたいなもんですが(苦笑)
ともあれ、こうしてハモが大がかりなイベントでこうして
お客さん達にPRされている様子は、私たちからしたら
まさしく夢のような出来事ですよ(T_T)

これからも徳島県の誇る魚である「ハモ」を
ガンガンと県内外にPRしていってもらいたいものです(^^)

そして、今回のイベントで嬉しかったことがもう一つあります。

それは、ハモを獲る漁師さんたちの嬉しそうな笑顔を
いっぱい見られたこと。

海に出て、ハモを実際に獲ってくるのは言うまでもなく漁師さんたち。
そして、そのハモを販売しているのが私たち仲買であり、そして
一般の料理店やスーパーというわけです。

意外に思われるかもしれませんが、私たち市場の仲買と漁師さんって
接点がそんなにないんですよね(苦笑)
市場にいると、意外と漁師さんの顔って見えないんです。
もちろん一部の漁師さんたちは毎日のように市場に来られていますが
ほんとに一部の人たちなわけで、私たち仲買の人たちは
日頃は大多数の漁師さんたちと顔を合わす機会もありません。

今回のイベントでは、そんな日頃は会うことの少ない地元の
漁師さん達もたくさん会場に来てくださいました。
そして私もたくさんの漁師さんたちと直にお話をすることもできました。

一番心配だったのは、私たちがつくっている「きらびき」が
漁師さんたちの目にどう映るのか? ということ。

nattoku8.jpg


丹誠込めて水揚げしている地元のハモをこういうカタチで
加工して販売している私たちの製品が、実際に漁師さん達の目に
どういうふうに映るんだろう? ってことだったんです。

でも、漁師さん達は「きらびき」を見て、口々に
「これはきれいな~! こんなにきれいにしてくれて、
これなら間違いなく売れるわ!」と言ってくださいました(^^)/
それがなによりも嬉しかったですね~ ホントに。

漁師さん達にも認められた「きらびき」これからも
自信を持ってみなさんにオススメしていくことができるってもんです。

まさしく今回のイベントは、地元の水産業を支える現場の漁師さん、
行政、そして間に立つ我々流通業者の3者がうまくかみ合って
はじめて実現したものなんじゃないかなぁ? って思うと、
単なるひとつのイベントというだけでなく、それ以上に
大きな意義を持ったイベントだったんではないかと感じますね。

こうした良好な関係を築きながら、これからもハモのみならず、
いろいろな地元の水産物をたくさんの人たちに紹介していけたら・・
と、今回のイベントでは感じました。

これからもどんどんと、イベントだけでなくていろんな分野で
いろんなことができればいいな! なんて思うたろくんなのでした。

悪天候の中、会場に足を運んでいただいたお客さん、
そしてイベント運営をしていただいたスタッフの皆さん、
休日にもかかわらず足を運んでくださった関係者のみなさんに
この場をお借りしてお礼申し上げます。

ほんとにありがとうございました!! (^^)/
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |