FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
いつも見慣れた魚なのに・・
2007-03-10 Sat 16:56
先日まで春を思わせる陽気だったのに、ここ数日はほんとに
寒いですよね~(>_<) 一気に冬に逆戻りのような天気で、
早朝から寒いところで働く市場マンには真冬よりも
気温の差が激しい今のような時期が一番辛いかも。

全国的にインフルエンザが遅れた猛威をふるってますが、
屈強(?)な市場マンたちも、この寒暖織り交ぜた攻撃には
ほとほとやられております(汗)

じっさい周囲にもインフルエンザにかかってしまった人が
たくさんいるのですが、仕事からなかなか休めないので、
マスクをしてやむなく出勤、というパターンも多く、
そうなると周囲の人にさらに感染が拡大・・・という結果に
なっているような感もあります(滝汗)

実は私も一昨日ぐらいから喉が妙な感じになってたのですが
昨日の夕方あたりから風邪特有の症状に見舞われております(泣)
発熱しないのでインフルエンザではなさそうなのですが。。
やっぱり辛いですね(ため息)

さてさて、この寒さと強風のために魚の入荷が少ない日々が
続き、いまひとつ盛り上がりに欠ける徳島中央市場なのですが、
今日は久しぶりにネタを提供できるような魚が入荷しました。
これがコイツです!!

kanpachi_1.jpg


ん? どこがネタ提供だって?
そうですよね~ これはまごうことなきカンパチですよ、ええ。
カンパチですけど、天然ものです。

え? 天然のカンパチだってそんな珍しいもんじゃないだろ、って?
ですよね(笑) たしかにいまはカンパチといえば養殖ものが
幅をきかせていますが、それでも天然ものもたまには入荷しますよね。
はい、その通りです。
ではなぜにコイツがネタかといいますと。。。

kanpachi_2.jpg


これでお分かりでしょうか?(爆)
カンパチの入った箱の脇に立っている魚類マンの大きさと
対比してみてください(^^)

このカンパチ、や~たらとデカいんですよ(滝汗)
そうなんです。ひさしぶりの「巨大生物シリーズ」というわけ(笑)

このカンパチの入っているスチロール箱は、実はマグロなんかが入っている
通称「寝棺」と呼ばれているかなり大型の箱なんです。

そしてこのカンパチ、重さはなんと!

kanpachi_3.jpg


箱に書かれてますよね。 実に

48キロ

というとんでもないサイズなのです(爆)(爆)
通常、徳島の市場に普通に入荷している養殖カンパチの
大きさはというと、3キロ台が中心。
大きくても4キロ台、たまに5キロ台、っていう感じ。
ですから、仮に4キロを通常サイズとしても
実に12倍の大きさ、ってことになります(滝汗)

ネットで調べてみたところ、ブリやヒラマサ、カンパチという
いわゆる「御三家」の中で一番大きくなるのがカンパチで、
生物学的には1.5メートルぐらいまで大きくなるんだそうです。
今回入荷したこのカンパチが、ちょうど1.5メートルぐらいなので
カンパチとしては最大級の大きさでしょうね。

うちの社長なんかに聞いてみると、昔はこういった超大型の
カンパチもたまに入荷していたそうです。
それでも20キロぐらいまでだ、ってことみたいですので、
今回のような48キロなんていうバケモノは初めて見たようですよ。

徳島中央市場では、通常のカンパチ(4キロぐらいまで?)なら
「シオ」と呼ぶのですが、こうした大型のカンパチを
「ネイリ」とか「アカバネ」というようです。

ただ、これもネットで調べてみたのですが、
カンパチの高知や鹿児島での呼び方が「ネリ」とか「ネイリ」で
他の地方で「アカバナ」などと呼ばれているようでして、
どうやら大きさでカンパチとネイリ、アカバネ(アカバナ)と
区別しているようではないですね。
徳島ではこうした大型の天然カンパチが入荷するのは
高知方面からということが多いので、
大型のカンパチ=ネイリ、アカバネ というように
高知式の呼び方で定着しているのかもしれませんね。

今朝、これを引っ張った荷受け会社の担当者さんと
このカンパチのことで話をしていたのですが、
高知の荷主さんから写メールが昨日届いたんだそうです。

写メールには地べたに転がったカンパチの写真。
そしてカンパチの上には小さなツバス(ハマチの幼魚)が
置かれていたんだそうです。

「天然カンパチなんて別に珍しくないのに、なんで写メ?」

と思ったそうです。ところがメール本文を読んで仰天!

「上に写っているのは5キロのブリです」

と書かれていたそうな(爆)となるとこのカンパチって
いったいどういうサイズなんや!? ってことに(笑)

大きなカンパチを見慣れていた古参の市場マンたちも
さすがにこれだけ大型のカンパチは初めて見たようで、
セリの前には黒山の人だかりができてました(^^)

kanpachi_4.jpg


みんな言ってることはいっしょでして、

「なんじゃこれ? これカンパチなん?」
「こんなデカいの、使い切れるかい」
「うまいんだろうか? こんなデカいの」

という声があちこちで(苦笑)
そらそうでしょうねぇ~(汗)

これだけ大きなサイズとなると、確かにちょっとやそっとじゃ
使い切れませんよね(^^;)
大型すぎて大味かもしれないし、こりゃ珍しいけども
そんなに高い値は付かんだろう、というのが大筋の見方でした。

うちのお客さんの中でも、珍しがって野次馬する人は
大勢いましたが「あれ買ってくれ」というお客さんは
さすがにほとんどいませんでした(苦笑)

でも、そんな中に二人だけ、「半分なら買う」という
お客さんがいたんですよ!
なので、じゃ、競り落としたら半分こしましょう、と
事前に調整完了!(^^)/

しかし、あくまで「安ければ」っていう条件付き。
そりゃねぇ~48キロの魚体ですから、高値が付くと
キロ売りだからとんでもなく高い魚になっちゃいます(汗)

一応、狙う値段を聞いた上でセリに入ったわけですが・・・
残念ながら、うちで狙っていた値段よりもさらに高い値段で
別の仲買さんがさくっと落札しちゃいました(^^;)
う~ん 残念!!

でも、心なしが「あれ買ってくれ」と言っていた二人の
うちのお客さんの顔が安堵したようにも見えました(苦笑)
さすがにあれだけの魚体、買ってはみたものの、さばいてみたら
「ハズレ!!」なんてことになったらシャレになりませんものね(苦笑)

というわけで、あの巨大カンパチの身を拝むことは
できなかったのでした(T_T)

いったいどんな味なんでしょうね??

ずっと前にも「徳島中央市場始まって以来最大のハモ」
なんていうネタをお送りしましたが、
今回のこのカンパチ、間違いなく「歴代1位」の
大きさのカンパチであることは間違いないでしょうね(^^)

さてさて、次に出現する巨大生物はいったい何でしょうね??
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |