FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
春はもうそこまで?
2007-03-24 Sat 13:27
気がつけばもう3月も来週でおしまいですね。
スギ花粉の季節もそろそろ終盤、という今日この頃、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?(^^)

今年の冬は、2月の驚異的な暖冬傾向から一転して、
3月にはいると連日の寒波、そして強風の日が
多かったこともあり、市場への魚の入荷は少ない日が多く、
いまひとつ盛り上がりに欠けたセリが続いていました。

しかしようやく、という感じでしょうか、少しずつ気温も
高くなってきて、桜の開花ニュース、なんていうのも
ちらほらと聞こえてくるようになり、それとともに
市場への入荷もやっと増えてくるようになりましたね(*^_^*)
新年需要がひと段落し、お客さんたちの買いも弱含み、
という印象だったのですが、そろそろ春の需要期を迎えて
お客さん達も積極的に魚を買ってくれるようになってきている
という印象がありますね。

070324seri.jpg


これまで魚がずっと少なくて、なかなか買えなかった魚が
いろいろとセリ場に並ぶようになってきたので、
待ってました! って感じでしょうか?(^^)
セリ場にも本来の活気が戻ってきたように感じます。

こちらは先日の徳島魚類の店前の様子です。

070324tai.jpg


ご覧の通り、タイ一色! というかんじになってました。
もうすぐ本格的なタイの季節を迎えますが、すでに春の
タイがかなり豊漁となっています。
これまで入荷が少なかったこともあり、まだ極端に値段が
下がる、というところまではいっていませんが、
これから本格的な水揚げが始まれば、一気に徳島は
天然タイの季節になります。

タイの旬はなんといっても春! ですからね~
とくに鳴門で水揚げされる「鳴門鯛」は全国区の有名選手。
これから旬を迎える天然鳴門鯛、ぜひとも皆さんにも
食べていただきたいものです(*^_^*)

さてさて、こちらは今日のセリ前の様子。

070324sayori.jpg


写真に写っている魚はサヨリ。
徳島の市場で今いちばん「湧いている」のがこのサヨリですね。
先週まではサヨリの水揚げが少なく、値段も高止まりだったのですが、
本格的なサヨリ漁が始まり、一気にサヨリの入荷が増えています。
写真のサヨリ、手前のアップの箱だけでなく、写真に写り込んでいる
この一列、ぜ~んぶサヨリなんですよ(汗)

それも大きなサイズから小さなサイズまで、それこそよりどりみどり(^^)
値段もサヨリ漁が始まるまえの相場がウソのように
格段に安くなっていますね。大きめのサイズももちろん安いのですが、
写真手前に写っているような小さなサイズの物になると、
今日の相場では「え? うそぉ!?」と思わず言ってしまうような
お値段で競り落とされてましたよ(^^)

もちろん、セリ場にこれだけのサヨリが並んでいるのですが、
徳島魚類の店前にも大量のサヨリが。
それでもけっこう次々と売れてくれるのは嬉しい限りですね。

去年のBlogでもご紹介しましたけれども、春を告げる旬の魚たち、
「のれそれ」やシラウオ、シロウオ、そして早くもアユといった魚も
登場してきておりますよ。

そして、それと交代で冬の味覚の代表格、フグやタラ、白子といった
魚たちはほとんど見かけなくなってきました。
こういう時期はほんとに、毎日のように商品が入れ替わっていくので
市場にいると季節の移ろいを感じることができますよ(^o^)

そして、アユも気が早い入荷ですけども、そろそろ市場で
顔を覗かせ始めているのがこちらの魚。。。

070324.jpg


はい、ハモでございます(^^)
すでに活きの状態での入荷もぼちぼち、ちらほら。
まだ本格的なハモのシーズンまでには少しありますけども、
この時期からそろそろとハモは入荷が始まっています。

お値段はなんせ入荷が少ないこともあり、活きや活き〆のものは
それなりの値段もついていますね。
まだこういう価格帯では、徳島魚類で加工!! というには
お値段高すぎですね(^_^;)

この時期からハモの姿がそれなりに見えているってことで、
今年も昨年に引き続いてハモは豊漁になるのでは? 
というのは徳島での関係者の予想。

さてさて、今年のハモはいかがなことになりますやら??
今年も「ハモの徳島魚類」はいろいろと隠し球を用意して、
ハモの本格シーズンを睨んでおりますよ~(^^)/

何が飛び出すかは乞うご期待! ってことで。。

スポンサーサイト



別窓 | 市場ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |