FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
夏向きのオサカナ揃ってます(^^)
2007-06-04 Mon 17:17
すっかり日記の更新をサボっております、
管理人のたろくんですこんにちは(滝汗)

徳島県地方の5月は記録的な小雨でして、
早くも渇水でダムは干上がってしまってます(>_<)
そんな影響があったのかなかったのか、
妙にこの5月は漁獲も少なめのままで終わりました。

天候に恵まれても、海には大量の「くらげ」が漂い、
まともに漁ができない日がかなりあったそうです。。

そんな5月もおわり、もうすぐ雨の季節。
すでに沖縄地方は梅雨入り宣言したみたいですし、
これから西日本も順次梅雨入りしていくことでしょう。。

さて6月と言えば・・我が徳島魚類がある意味、
「一番忙しくなる季節」の到来でもありますね。
はい、ハモのシーズンインってことです。
「阿波の活きハモ きらびき 2007年バージョン」は
これから数ヶ月、どういった展開を見せますでしょうか?
乞うご期待でございますm(_ _)m

もちろん、すでにハモの漁も始まっていることですし、
こうして徳島魚類の店前にも昨年同様にきらびきが
並べられておりますよ(^o^)

kirabiki07.jpg


昨年から登場したアタマ入りの1尾パック、
そして定番となっている2キロ入りの
骨切り済みフィーレボックスの2種類。
昨年からこの商品はなにかと話題にもなりましたし、
あちこちから活発な引き合いをいただいておりますので、
昨年以上に順調な滑り出し、といったところですね。

そして・・・2007年バージョンのきらびき、
さらなる新製品の投入を行う計画です(^^)/ 
どんな新製品かと言いますと・・・おっとこれはまだヒミツ(爆)
正式なリリースはもうちょっとしたらしようと思ってますので。
イマ風にいうなら「きらびき2.0」ってトコ?(笑)
どうぞお楽しみに~ m(_ _)m

さて、なにもハモばかりがこの季節のサカナじゃございません。
せっかくですから、今の徳島中央市場の入荷ラインアップから
この季節ならでは、入荷数量も多いモノをいくつかピックアップ。

まずはこちら。

ZINTAN_2.jpg


なにやらやたらと小さなサカナですよね。
このサカナはまさしく、今ぐらいの時期だけに入荷するサカナ。
皆さんにもおなじみのサカナの稚魚です。
なにかというと・・・「アジ」なんですよ(^^)

アジっていうのは、市場に入荷するのは主に「ヒラアジ」と「マルアジ」
という二種類ですけども、ヒラアジっていうのはサカナの種類以外に、
その大きさによっても扱いが変わります。

サイズの大きな「大アジ」その次の「中アジ」そして「中小アジ」、
さらに小さな「小アジ」、そしてさらに小さな「豆アジ」。
ではこの写真のアジが豆アジかというとさにあらず。

このアジ、拡大して見てみると・・・

ZINTAN_1.jpg


スチロール箱の左端に置いてあるのは缶コーヒー。
ほらね、こんなにも小さいんですよ。
さらにこれよりも小さなアジが入ってくることもあります。
こんなにも小さなアジ、豆アジでもいいんですけども、
徳島の市場ではさらに区別する意味で「仁丹アジ」と呼ばれてます。
まぁ読んで字のごとく、仁丹みたいに小さいから、ってことなんですが。

一説によるとこの仁丹アジ、
名付け親が徳島魚類の現・社長なんだとか(爆)
ホントなのかウソなのかはイマイチ釈然としませんが(笑)

この仁丹アジ、なんせ小さいですからウロコを取ったりとか
内臓処理をしなくてもそのまま揚げてしまえば唐揚げにもなりますし、
これがけっこうおいしくて、
この季節にしかフレッシュでは入手できませんから
まさしく「季節限定のおいしい魚」ってわけ。

ビールのおつまみ用途だとか、意外にも用途も広くて
けっこう売れるんですよ(^^)
この仁丹アジ、なんせ小さなアジの稚魚ですから、日が経てば
てきめんにアジは大きく成長していくんですね。
なので、入荷ごとに大きくなっていく、といっても過言ではないほど。
そう考えたらけっこう貴重な旬の魚って言えますね。

この仁丹アジが季節の「小さい魚代表」だとすれば、
こちらの魚は「巨大魚代表」と言えるかも(爆)

SIIRA.jpg


箱からはみ出した大きな尻尾、黄色と緑の特徴的なカラーリング、
市場マンなら即答できるこのオサカナはというとこちらです(^^)

SIIRA_2.jpg


このサカナの名前は「シイラ」と言います。
なんともハイカラな洋風の名前なんですけども、年間を通して市場には
入荷のある、そこそこメジャーなサカナなんですよ。

ただ、一般の人にはこの姿っていうのはあまり馴染みがないかも。
でも「白身魚」というと、
けっこうこのシイラが使われていることも多いんです。
白身魚という名前で切り身になっている魚として
一番メジャーな魚かも知れないですね。

見た目はど派手ですけども、キレイな白身で価格も安く、
とても重宝されている魚なんですね。
通年で漁獲されるんですけども、今年は今の時期に大量に
水揚げされているようで、毎日のようにこんなふうに大量の
シイラが市場には並んでおります。

市場ではこういう状態で氷締めにされて、おとなしくなったシイラしか
見られませんけれども、海釣りを趣味としている人に言わせると
このシイラ、釣りでヒットするともの凄く引きが強くて、
めっちゃエキサイティングなんだそうです(^^)/

そういう意味では釣り師からもターゲットにされている
人気者、と言えるのかも(笑)

それから今が一番おいしい季節、つまり旬を迎えているのがこちら。

ISAGI_2.jpg


この魚は「イサギ」といいます。もしくは「イサキ」とも。
イサギも通年漁獲のある魚ではありますが、なんといっても美味しいのは
今の季節なんです。
お腹には子がいたりしますが、それでも脂がよく乗り、
肥えているんです。
なので、なんといってもオススメなのは今の季節のイサギです。

イサギも今の時期、けっこうたくさん獲れているんですけども
なかなか値が下がらないですね~(^_^;)
もうちょっと安くなれば買いやすいんですけども。。。
今回ご紹介したサカナたちは、いずれも徳島近海、あるいは
お隣の高知県や香川県の近海で漁獲されるものばかりですので、
徳島中央市場に入っている時点での鮮度は抜群です(*^_^*)

こういった新鮮な魚がたくさん入荷することに感謝しなくちゃ、ですね。
なかなか漁獲が増えないなぁ~ なんて言いつつも、
やはりセリが終わってみるとけっこう遅くまでやってたな、
って感じです。
つまり、セリ開始の時点ではそんなにサカナがないように
思うのですが、セリをしている間にもたくさんの近海魚が
市場に運び込まれて次々と並べられていく、、、
という感じなんですね。

なので、終わってみたらけっこうサカナが並んでいた、
ってことなんです。
やはり夏が近づき、サカナの量も徐々に増えつつある、
というところでしょうか。

私としてはやっぱり気になるのがハモの漁獲状況ですね~(^_^;)
今年も昨年みたいにたくさんのハモが
揚がってくれるといいんですが。。

さて、そんなこんなでもスタートした6月。
いよいよ本格的なハモシーズンのスタートです(^^)/

スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |