FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
大量! 大漁! 
2007-07-02 Mon 19:00
ここのところ、連日のようにセリ場に大漁に並んでいるサカナがいます。
ほら、こんなかんじに。

maruazi1.jpg


どどーんと壁のようにそびえるこのサカナの箱。
しかもこれ、片方の荷受けさんだけではなくて、
両方の荷受けさんのセリ場に同じようにずっどーんとそびえてるんです。

いったい一列に何段の箱が並んでるのかと思って数えてみたら・・・
12段もあります(汗)
これ、4キロ入りの箱なので、一列12段で48キロのサカナ。。

これが縦に2並びで一列になるので、一列に24ケース、つまり96キロ。
この「縦2並び」っていうのが、セリで仲買がサカナを買うときの
基本的な単位になります。(青物セリの場合です)

つまり、ひとつ競り落とすと、このサカナの場合は24箱、
96キロを一気に自分の会社が買う、ということです。
ひと声で100キロ近いサカナを買う、ってのも豪快ですよね(笑)

で、この列が何列あるかというと・・・

・・・んなもん数えられません(爆)


っていうぐらいにずらーっと並んでいるわけでして(^_^;)
なんせこの日だと、セリ場の端から端までずっとこのサカナで埋め尽くされてて
軽く1000ケースは並んでたかと。
1000ケースで1ケース4キロですから、仮に1000ケースだとしても

4トン

ですわ(爆)

さて、セリが始まりましたよ~(*^_^*)

maruazi2.jpg


やっぱりこの箱の高さ、尋常じゃありません(汗)
普通はココまで高く積み上げないですもん(^_^;)
よく見たら箱の列の右側を歩いている女性の頭と同じ高さぐらいまで
サカナの箱が来ています(滝汗)
こうして見てみても、ずらーっとひたすら同じサカナが並んでいるのが
お分かりいただけるかと思います。

さて、もうちょっとこのサカナにズームイン! してみましょう(^^)
このサカナが何かといいますと・・・

maruazi3.jpg


もうお分かりですね。
はい、アジでございます。
そして、アジの中でも「マルアジ」という種類のアジなんですね。

市場で流通するアジのメインは「平アジ」とか「真アジ」と呼ばれる
アジなのですが、このマルアジは平アジよりも安価なんですね。

この大きさですと、平アジはたいてい「キロ売り」ですが、
マルアジですと、まず「代金売り」つまり「箱一杯いくら」という
売り方になります。

マルアジについては、過去のBlogに詳しく書いてあるのですが、
秋の一ヶ月の間だけ、異様なまでに脂の乗る、鳴門産のマルアジが
非常に評価が高いんですよ。

ここにずらーっと並んでいるマルアジは、産地はまさしく、
その鳴門産のもの。
でも、季節的にはまだ秋には遠く、脂がバリバリに乗っている、
という状態ではないんですが、今年はとにかくこのマルアジが
てんこ盛りに獲れているんですよ。

味としては「まだもうちょっと」という状況ですが、
なんせこんなにも大量に水揚げされていますから、
価格はまさしく「メチャ安!!」状態です(^^)/

もともと安いのが取り柄のこのマルアジ、
さらにこの量ですからねぇ~ たとえて言うなら、
同じぐらいのサイズの平アジ2,3匹の値段で、このマルアジひと箱、
15匹~18匹が買えてしまう、っていうぐらいなわけですよ(爆)

さらにさらに、鳴門からだけでもこんなにたくさんのマルアジが
やってきているのに、よくセリ場を見てみると、

「高知産」
「愛媛産」
「徳島・牟岐産」

など、四国周辺の別の海域からも
同じようにマルアジがいっぱいやってきてるんですよ(滝汗)
もう市場中マルアジまみれ(笑)

この時期なら、もっとハモがセリ場を
ウヨウヨしてないといけないのですが、
現時点ではまだそこまでハモたちは勢力を拡大しきっておらず、
もっぱらマルアジ軍団に押されてる、って感じですね(^_^;)

これだけたくさん獲れていて、もちろんセリでもこの量が全部、
各仲卸に競り落とされてるわけでして、
その先はもちろん・・・お客さんの元へ。

スーパーさんにも、居酒屋さんにも、食堂にも
それこそいろーんなところに、このマルアジたちが
お目見えしていることでしょう(^^)

秋の間の一ヶ月だけ、そして鳴門海域で一本釣りで獲れる
スーパースペシャルなマルアジもいいですが、
今の時期に網捕りで大量に漁獲されるマルアジは
まさしくこの時期の

庶民のアジ(味)

の代表格!(^^)/

お値段はめっちゃお手頃!
是非とも一度、鮮度抜群の旬の味を食べてみてくださいね!

<ちょっと豆知識>

このマルアジ、我々市場マンなら平アジとは「パッと見」で
区別がつくんですけども、これがナカナカ普通の人には判別が
難しいのではないでしょうか?
じっさい、私も市場に入ったすぐの頃には見分けが
キチンとできませんでした(^_^;)

名前の通りで、胴体がまるっこいのがマルアジで、
平べったいのが平アジなんですが・・・

激ヤセのマルアジ

丸々と肥えた平アジ

では、我々市場マンでも「ん? どっちだ??」と
よく見ないと判別がつきにくい、ってこともあったりして(^_^;)

で、調べてみました、決定的な平アジと丸アジの違い。

この写真を見てみてください。

maruazi4.jpg


黄色で囲んだあたり、これはマルアジの尾びれ付近なのですが、
ちょうど尾びれの付け根、一番くびれているところに、
ちょこっと小さなヒレのようなものが
出ているのがお分かりいただけるかと。

これがマルアジの特徴なのです。
この小さなヒレ、平アジにはありません。

見た目には小さくて分かりにくいんですけども、
実際にこの辺りを指で触ってみたらすぐに分かります。
特に尻尾がわから胴体の方に向かって指でなぞったら
この小さなヒレが起き上がって指に引っかかりますから
その存在はすぐに分かります。

平アジにはこの引っかかりがない、というわけですね。

スーパーで並んでいる平アジとマルアジ、
見比べてチェックしてみてくださいね!(^^)/
スポンサーサイト



別窓 | 市場ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |