FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
熱かった夏もそろそろ・・・
2007-09-25 Tue 19:17
猛暑だった今年の夏もようやく、朝晩には秋の気配も
感じられるようになってきましたね(^^)

ひと月ほどBlogをサボっていた間に
気がついたらお彼岸も越えちゃいました(^_^;)
吉野川河口の河川敷の土手には、今年もしっかりと
彼岸花が咲いておりました。

猛暑でも冷夏でも、彼岸花はどうしてちゃんとお彼岸に
花を咲かせるんだろう? なんてことを思いながら
配達しているたろくんなのです(^^)

さて、もうだいぶ前のこと、そうですね、今年の夏が
始まる前に徳島魚類の事務所では
活魚の担当者が机にかじりついてこんなことをしてました。

sticker1.jpg


え? 何をしているか分からない? 
ですよね~(^^)

では、これではいかがでしょ?(笑)

sticker2.jpg


どうやらこれ、徳島魚類のブランドハモである
「徳島の活鱧 きらびき」のロゴっぽいですよね~(*^_^*)
一体これは何かというとですね・・・

sticker4.jpg


はい! 活魚水槽車に貼るためのステッカーだったのです(^^)/

前々からこういう感じのステッカーを作ろうか、っていう
話はしていたのですが、今年の夏の初めにハモに関連するテレビ取材を
受けるっていうことになり、それならせっかくだしトラックに急いで
ステッカーを貼ってアピールしよう! っていうことに
なった、というわけなんですね。

しかし・・・活魚のトラックというとかなり大きくて、
このトラックの側面に見栄えのするサイズでステッカーを
貼るってなると、かなりの大きさになってしまいます。

もちろん、こういったステッカーなり塗装を専門にしてくれる
業者さんはあるんですけども、当然のようにかなりの
コストがかかります(汗)

そこで・・・ワタシの知人のツテを辿って、
某友人に依頼をしたのでした(^_^;)
彼はこういったステッカーをパソコンでデザインして、
それをステッカーのシートにカッティングするマシンを
持っているんですね。

そんなわけで彼に依頼をかけて、お友達価格の
格安で作ってもらうことにしたのですが・・・
納期もテレビ取材までの一週間ほどということで
お願いしたわけです。

依頼をした時点では依頼した私も、
それを受けてくれた友人も、そんなに大変ではないだろうと
思っていたのですが・・・

これがもう大変!!(>_<)

な作業だったらしいです(滝汗)
なんせ大きさが大きさです。普通のステッカーなら
ちょちょいっと作ってくれる友人ですが、このサイズの
ステッカーは作ったことがない、ってことで、
そらもう大変な思いをして、徹夜の連続で仕上げてくれました。

ほんとにありがとうございました、友人どのm(_ _)m

こうしてできあがったのが画像のステッカーというわけです。

友人の苦労の甲斐もあって、こんなに立派なロゴが完成した、
というわけなのでした。

sticker7.jpg


sticker5.jpg


ちゃんと白いトラック用と青いトラック用でロゴマークも
2種類用意しました(^^)
ご覧の通りです。
sticker6.jpg


ということで、なんとかテレビ取材に間に合わせて
トラックに「きらびき」のロゴステッカーを貼ることができたのでした。

もちろん、テレビ取材に合わせて貼ったこのステッカーですが、
友人渾身の力作は耐久性もバッチリですから、
短期間で剥がれてしまうようなヤワなものではございません。

これから始まるハモシーズンを前に、「きらびき」の原料となる
ハモを運ぶ、これら活魚水槽車自らが「きらびき」のPRカーも
兼ねる、という作戦でもあるわけです(^^)

今年の夏は、この「きらびきステッカー」を貼った徳島魚類の
活魚水槽車は、それこそ東へ西へと毎日のように
忙しく走り回っていた、というわけですね(^o^)

そんなこんなで始まった今年の夏だったわけですが、
今年はホントに「徳島のハモ元年」とでもいうべきことに
なっていったのでした・・・。

もちろん、これまでもずっと徳島のハモは関西を中心に
トップの評価を得ている存在ではありましたが、
水産業者しか知らないその「知られざる事実」が
幾多のマスコミ取材によって、広く一般にまで
知られるようになったのは、今年が初めてだったのではないでしょうか。

ホントに、これまで徳島のハモに関わる人たちが
懸命になってやってきたことが、ようやくここにきて
日の目を見た、というべき「元年」だったと言えるのでは。

うちの会社の社長にしても、これまで5年にわたって
徳島のハモもどうにかして全国区にして、
「徳島のハモ」を誰もが知るトップブランドにしていきたい、
徳島のハモに関わる全ての人たちが、いや、徳島の水産業に
関わる全員が「徳島のハモ」を誇りに思えるようにと
やってきたことが、今年の夏、ようやく実を結び始めた、
今年がまさしく徳島の「ハモ元年」だったのではないかと思います。

というわけで、記念すべき今年のハモの取材の1発目はというと・・
意外というべきか、いや、やはりというべきか・・。
徳島の放送局ではなく、ハモ消費地の筆頭でもある京都の
放送局からの依頼だったのでした。

KBS京都「谷口な夜」

taniguchinayoru.jpg


この番組は報道番組というわけではなかったので、
徳島のハモについての現状取材というわけではなく、
「徳島にいるという、幻の黄金のハモを追え!」という
ちょっと「ええっ!?」っていう内容でした(笑)

これはなかなかウケましたね~(爆)

特に、うちの会社がハモをたくさん送っている京都の
業者さんから「テレビ見たで~(^o^)」という電話を
たくさんいただきました。

なんでも「部署全員で見て、腹抱えて笑わせてもろたわ」
とのことでした(^_^;)
ま、まぁ喜んでいただけたのならよかったかな、と。

そしてそれからしばらくして、今度は順当に
徳島の地方局である、四国放送から取材依頼がありました。

四国放送 「オンリーワン 徳島」

onlyone.jpg


夏本番を前にして、知られざる地元の旬の味である「ハモ」
について紹介する徳島市が提供する広報番組でした。

そしてさらに取材の依頼は続きます。

続いてやってきたのはABC。
はい、関西系のテレビ局である「朝日放送さん」ですよ!
いよいよ本格的に関西一円に放送されるぞ! ということで、
社長以下、関係者たちはいろんな準備をした上で
取材陣を受け入れたのでした。。。

なんとこの取材は一日では終わらず、一ヶ月以上もの
時間をかけて、何度も取材に足を運んでいただいて、
ようやくまとまった、というかなり力の入った内容でした。

まさしく徳島のハモのこれまでの歩みと、
これから向かっていこうとしているビジョンまでを的確に
伝えてくれる、かなり長い時間を割いた「特集ニュース」として
関西一円に放映されたのでした。

朝日放送「ニュース ゆう」

news_you.jpg


この中では、それまでハモの消費地である関西圏では
徳島産なのに「淡路島産」として誤解され、
また地元である徳島でもほとんど出回らないハモは
水揚げされているお膝元でもほとんど認知されていなかったという
これまでの現状と、それを打破しようと立ち上がった一人の男!!
みたいな、なんともカッコよすぎな紹介とともに
うちの社長が登場する、という、かなりデキスギな構成に
なっておりました(^_^;)

これには出たがりのうちの社長も、放映内容を見て
かなり照れまくっていたようです(苦笑)

さらに取材攻勢は続きます。。。

続いてやってきたのは関東の地方局。
電話で取材の依頼があったときには
はいはい、取材ですね、いいですよ~ なんて
社長も軽く受けたまではよかったのですが・・・。

ワタシが「どこの放送局?」と聞くと、

テレビ東京さんらしいよ

という社長の回答。
ふ~ん、テレビ東京か・・・と思ったワタシ。。。
ちょっと思い当たるフシがありまして(汗)

ちょ、ちょっと待って? テレビ東京さんで番組名は?
ニュース番組って言ってなかった? (滝汗)

すると社長・・・。

ニュース番組って言ってた。
たしか、ワールドビジネスなんとか・・・

ガビーーンっ!!(爆汗)

やはり、ワタシの思っていたその「まさか」でした。。。

天下のニュース報道番組の王座の一角である、あの
ワールドビジネスサテライト
からの取材依頼だったのです(>_<)

どうにもピンときていない関係者に
ワールドビジネスサテライトっていうのはかくかくしかじかで。。。と
説明しているうちに、関係者一同、ちょっと青ざめる事態に(^_^;)

なんせ全国に放映されていて、
ビジネスキーパーソンが必ずチェックしているという
天下の大報道番組からの取材依頼ってことで、大騒ぎになっちゃいました(^_^;)

やはりというか、この取材も数日にわたる大がかりな取材となり、
「変わる旬」というテーマでの放映となりました。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」

wbs.jpg


この取材では、まさしく徳島のハモが直面している
これからの課題「夏以外のシーズンにいかにしてハモ商材を展開するか」
というテーマについてのものとなりました。

夏の食材というイメージの強いハモですが、実はというと
脂が乗ってホントに美味しくなってくる、「第二の旬」は
実は秋なのです。
この秋に向けて、そして冬の鍋商材としてなんとかハモを
一般に浸透させていけないだろうか? ということで
徳島のハモ関係者たちが展開しているプロジェクトを
取材していただきました。

もちろん、この夏、徳島魚類が商品化した
「阿波のハモ鍋セット」も取材していただきましたよ(^^)

このワールドビジネスサテライトの放映はさすがに全国だったこともあり、
さらにビッグネームの報道番組ですから、
そらもう反響は大きかったですね(汗)

あちこちからメールやら電話で問い合わせをいただきました(^^)
ほんとにありがとうございますm(_ _)m

そしてさらにまだ取材は続くのでした。。。

お次は再び、地元四国放送からの取材依頼でした。

といっても、この時の取材のメインは「ハモ」くんでして、
ハモの料理の紹介が主題だったので、我々は脇役に徹して、
主役となったのはハモと、ハモを料理して提供する
ハモの専門店さんでした。

はい、となるともちろんですけども以前に
このBlogでも紹介させていただいた富貴の大将が
ででーんとテレビに出演されておりましたよ(^o^)

四国放送「フォーカス徳島」

focus.jpg


市場での風景では、きっちりと「きらびきステッカー」を
貼った、うちの活魚水槽車も映ってました(^o^)

これらのハモに関連する取材の合間には、
「徳島の市場ミステリー 復活した謎の貝 ハタビ
といった、このBlogに端を発したテレビ取材があったりもして、
今年の夏はほんとにいろんなところからいろんな取材を受けた
シーズンでしたね~(^^)

先日、事務所で帰り支度していた社長が

今年はホントにいろんな取材を受けたなぁ~
こんなこと、今までなかったよな~
ほんま、貴重な体験させてもろたわ。。

なんてしみじみ言ってました(^^)

確かに、今までなかなか日の目を見ずにやってきたハモの
事業が、こうして一気に注目されるようになったんですから
懸命に事業を推進してきた社長からしたら
感慨深いものがあったのも頷けます。

こうして秋の訪れとともに、ハモの第一のシーズンは終わろうとしていますが、
これから第二のシーズンになります。
ちょっと残念なことに、今年の秋はハモの漁獲が芳しくなく、
あれほど夏場に穫れていたハモが、秋に入って急激に
漁獲が減ってしまってるのがなんとも残念なのですが。。

果たしてこれからの鍋シーズン、去年までと違って
ハモが表舞台に立てるかどうか!?

すでにスーパーさんなどでは、今までになく
お総菜コーナーでハモの天ぷらが売られてヒットしてたり、
ハモのお寿司といった新しい提案も根付きつつあります。

これからの季節、そし来年の夏に向けて
徳島のハモはさらに飛躍できるかどうか!?

まだまだ私たちの挑戦は終わりませんよ(^o^)
これからも、徳島のハモに、徳島魚類に乞うご期待です(^^)/

スポンサーサイト



別窓 | 魚類ネタ | コメント:2 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |