The link at the date of the calendar is an entry.
冬の終わりのヒット商品
2009-02-13 Fri 17:04
2月も中旬ということになってくると、
暦の上ではもう春なんだそうで。
そういや昨日あたりは徳島県地方で今年初めての黄砂が
観測されたんだそうです。
いえね、私は全然気がつかなかったんですけども(^_^;)

そして、天気予報によると明日は全国的に春一番が
吹き荒れるみたいですね。
すでに徳島中央市場でも南よりの風が吹き始めてまして、
市場の南に拡がっているネギ畑に撒かれる肥料の香りが(汗)
この独特のニオイを感じると、春の到来を実感するのは
徳島の市場マンに特有の現象かも知れないです(笑)

さて、そんな冬の終わりのこの時期に、セリ場にある商品が
並び始めました。

kagawaoyster1.jpg

画像を見ればすぐにお分かりいただけるとおり、
これはカキですね(^_^;)
カキなんていうと、それこそ去年の秋からいろんな種類のカキが
いっぱい市場には来ていますよね。

しかもこのカキ、冬の終盤に入荷したものとしてはかなり珍しく、
「加熱調理用」のカキなんです。

kagawaoyster2.jpg

決まり事があるわけではないんですが、カキの入荷というと、
通例としては秋口に初荷が届くんですけども、
このときにはこのような「カキのむき身パック」は加熱調理用の
ものが入ってきて、それからしばらくして、入荷が安定しだすと
生食用のものが入荷してくるようになります。

スーパーさんなどの量販店、あるいは飲食店でもそうですが、
やはり人気のあるのは生食用なんですね(^_^;)

kagawaoyster4.jpg

こんなふうにパックにしっかりと「生食用」と表記されているものしか
生で食べることはできないんです。
生食用のカキであれば、生ではもちろん食べることができますし、
さらにカキフライなど加熱調理にも使えますが、
加熱調理用のカキパックだと、生食では食べることができません。

なので、用途が限られてしまうために「加熱調理用」は
人気は今ひとつ、というのが現状なんですね(^_^;)

ではなぜこれがわざわざネタになるのかというと、これは・・・
香川県産のカキ
だということなんですね。

カキというと、徳島の市場ではやはり本場の広島、そして宮城や
岩手といった産地からのものがほとんどで、
それ以外の産地のものはほとんど見かけません。

一部には地物である鳴門産の殻つきカキも入荷していますが、
これが唯一の例外っていうぐらいでしょうか。
セリ場に並んだこの香川県産のカキを見て、お客さんたちも
「あれ?香川でもカキって採れるんやなぁ~」
という声があちこちから聞こえてきます。

まぁそれぐらいに徳島県ではあんまり香川県は
カキの産地としては知られていないんですよね。

私もこのカキを初めて見たときには意外な感じがしたんですが、
でもよぉ~く考えてみたら、香川県の海岸沿いの国道を
走っていると、あちこちに「焼き牡蠣」というカンバンが
上がっているのをみたことがあることを思い出しました。
そうなんだぁ~ 香川って実はカキの産地なんだな、と。
そんなことを再認識したのでした(^_^;)

この香川のカキが初めてセリ場に並んだ日、私は
セリでこのカキは買いませんでした(汗)
やはり、この時期になんで今さら加熱用のカキパックを?
っていう意識が先行してしまったんです(苦笑)
もちろん、セリ場でこのカキを見たお客さんも、
加熱調理用だということが分かると、これではなく、
並んでいるほかの生食用のカキを指定して「あっちを買ってくれ」
と注文も来ていましたし。。
ほかの仲買のセリ人さんたちも私と同じように考えていたようで
かなりの安値でこの加熱調理用香川産カキは競り落とされました。。

翌日も、香川のカキはたくさんセリ場に並んでいました。
この日も私はこのカキを買うつもりはあまりなかったのですが、
あまりにセリ値が下がったので、思わず買ってしまいました(苦笑)

店前に並べてみたのですが、結局少し売れ残ってしまいました(>_<)
ちょうどその日、若い魚類マンたちが家に集まって鍋パーティーをする、
というような話をしているのが聞こえてきました。

そこで、売れ残っていたこの香川産のカキが安いから、
これでカキ鍋でもしたらどうや? と言って、魚類マンたちに
このカキを売ったのです(苦笑)

その夜のことでした・・・。突然に私のケータイに魚類マンから
電話がかかってきました。
何かと思ったら・・・

あのカキ、めっちゃウマいですよ! 
ビックリです!


という驚きの報告だったのです。
彼らが言うには、この香川産のカキ、とにかく粒が大きくて、
しかも加熱調理しても縮んだりせずにふっくらとジューシーで
旨味が強くて申し分のない味がするんだというのです。
彼らが買って帰ったのは業務用とでもいうべき、
1キロ入りの大きなチューブ。
1キロのカキといったらかなりの量です(汗)
でもこの大量のカキを、なんと5人で囲んだカキ鍋で
ぺろっと全部食べてしまったって言うんですよ(爆)

なんと! まったく注目していなかったこのカキ、
思わぬ伏兵だったというわけです(^^)/
なにがどう違うのかは分かりませんが、とにかくウマい!
これはお客さんにオススメするしかないじゃないですか(^^)

事前にお客さんにこのことを説明し、「じゃ試しに買ってみようか」
という注文を取って、セリ買いしてお客さんに渡しました。。

翌日に聞いてみると・・・やっぱりこのカキを食べた魚類マンたちと
同じコトを言うんです! 「このカキはかなりウマい」と。
当然ですが、私も買って帰って食べてみましたよ(*^_^*)

我が家では子供達もいますので、カキフライにしてみました。

kagawaoyster5.jpg

確かにみんなが言うように、かなり大粒でこうしてフライにしても
まったく縮みません。
質の良くないカキとかだと、パックの中に入ってるときには
大きそうに見えても、加熱するとちゅるる~っと縮んでしまって
見るも無惨、食べても哀しい結果になることがあるんですが、
この香川産のカキはそんなことがまったくなく、
フライが揚がってもその大きさは変わることなく、
実に立派な威容をたたえております(^^)

kagawaoyster6.jpg

食べてみると・・・ウマい!(*^_^*)
確かにこれは美味しいです! ほんとにビックリですよ♪

そもそも加熱用と生食用、その違いというのは滅菌工程にある、
というお話はずっと以前にこのBlogでも取り上げたことがありますが、
決して生食用が鮮度がよいとか高級というわけではなく、
生食用のカキは入念に滅菌処理を行い、含有される菌数を
極力減らすように処理されるのに対し、加熱調理用のカキは
滅菌処理を生食用ほど厳しくしていないものなのです。
加熱することで菌が死ぬので、そこまで強い滅菌処理を
していない、ということなのです。

この処理はおもに滅菌処理された海水の中で一定時間カキを
浸けておくことで行われるんだそうですが、
この滅菌工程で、いわゆる「カキ本来の旨味」も
少なからず抜けてしまうんですね。

なので、カキの旨味成分としては生食用よりも加熱調理用のほうが
たくさん含まれているので、加熱調理をして食べることが
分かっているのなら、生食用を転用するのではなく、
加熱調理用のカキを使った方がおいしいんですね。

しかし、そのことを別としてもこのカキはウマすぎます。
今まで香川産のカキっていうのを食べたことはなかったのですが
まさかお隣の県にこんなにおいしいカキがあったなんて。。。
まさしく目から鱗ですね(^^)
また同時に、「生食のほうが売れるから」というだけではない、
カキの奥深さを再確認しましたよ。
やっぱり市場マンたるもの、先入観だけで魚を買ってはいかんのだと
そういうことですよね。

さてさてその後、この香川産のカキはどうなったのかというと。。。

このカキを試しに買って帰ったお客さんは。。。
ほぼ100%リピートオーダーを下さいます(*^_^*)
じっさい、お店でこのカキを買って帰ったお客さんは
次もこのカキを手に取るんだそうですよ!

そして・・・これはかなりイレギュラーな現象なのですが、
通常スーパーでは売れないとされているような大きなパック、
そうです、魚類マンが買って帰った1キロ入りの大袋でも
そこそこ売れる、っていう事実。

普通はスーパーさんなどの量販店でカキというと、100gから200g
ぐらい入った小さめのパックが売れセンなのです。

kagawaoyster3.jpg

もちろん、この香川産のカキにも200gパックというのがあります。
でも、この200gパックだけでなく、もうひとつの規格、
1キロ入りの大袋もけっこう売れるというんです。

もちろん、これはセリ値が生食用の大袋のカキよりもかなり
リーズナブルだということもあると思いますが、決して「安かろう悪かろう」
ではないその品質に、スーパーで買い物をする一般消費者の
みなさんも敏感に感じ取っている、っていうことなんでしょうね(^^)
そんなわけで、出始めには激安だけがウリだったこのカキは
少し相場価格が上昇し、その価格でほぼ安定して取引されています。

出始めの新製品の時に値段が安く買い叩かれてたものが
その後の評判で徐々にセリ値が上がるっていうのは
けっこう珍しい現象ですね。

もちろんこれは徳島魚類だけじゃなく、同じセリに参加している
他の仲買さんのところでも同じように、このカキの評判が
いいからこその現象でしょうね(^o^)

ネットで調べてみたところ、やはり香川県では昔から
カキの養殖が盛んで、地元ではすっかりと定着していて、
海沿いには焼き牡蠣を出すお店がたくさんあるんだそうですね。
ただ残念なことに、そのことは香川県内では常識でも
他の県にはあんまり知られていないのが現状なんだそうです。
そうでしょうね、お隣の徳島県の市場マンですら、
知らない人が多いんですから(^_^;)

それと、理由までは分からなかったんですが、
香川県で水揚げされるカキは全て加熱調理用としての
利用が前提であり、生食用のものはないんだそうです。
なるほど、それで徳島に入ってきている剥きカキのパックも
全部加熱調理用なんですね。

でも、この香川産カキの登場で「香川のカキ恐るべし!」
という実績ができたように思います。
ある程度これで取引価格も安定して、継続してこのおいしいカキが
安定して徳島に入荷してきてくれるとうれしいですね(^o^)
スポンサーサイト
別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |