FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
実は大物! セリ場の隠れキャラ?
2010-01-26 Tue 16:45
ホントについこないだ、
「2010年あけましておめでとうございます~♪」
なんていうことをBlogでも書いたような気がするんですが・・・
気がついたらもう1月も終わっちゃいますよ(滝汗) 

ほんとにもう、40歳を超えてからますます時間の
過ぎていくのが早くなっている、
いや「速く」なってるような気がしてなりません(汗) 
もうすぐ2月、まだまだ寒い時期が続きますからみなさんも
どうぞ風邪などひかれないように気をつけてくださいね。

さてさて徳島魚類きってのマイナー魚種大好きオトコ、
「ザコのたろちゃん」ことこのワタクシめが
まだご紹介していない、スペシャルなオサカナがいたのを
すっかり忘れておりました(^_^;)
ってなわけで、今回ご紹介するのはこちらのオサカナ。

ara_body.jpg

カタチ的にはなんとなくスズキっぽいというか、
ごく普通のカタチをしてますけども・・・
体の模様は特徴的ですよね。ワタシは初めて見たとき、

スズキのうり坊?

って思いました(^^) 
このサカナは小さいサイズのものが多いってこともあり、
小さくてスズキっぽいカタチをしているのに特徴的な
茶色のスジの入ったスタイルがなんとな~く
イノシシの赤ちゃん「うり坊」を彷彿とさせるような
気がしたんですよね(^^)
そうそう、今回の画像に写っているのは700gぐらいの
けっこう大きなサイズなんですけども
100gとか200gのサイズのものだと
体の上にある茶色い部分にさらにスジがあったりして
ますますもってうり坊っぽかったりするんですよ(^o^)

さてこのオサカナのお名前は・・・

アラ

といいます。
このオサカナの名前を知らない人に初めてこの名前を紹介すると・・・
オサカナにある程度詳しい人はたいてい、
え?これってクエの仲間なん?? 
と聞き直してきます。
たしかにこのアラというサカナはハタ科のサカナではあるんですが
クエとはまったく違う別のサカナです(^_^;) 
なぜサカナに詳しい人がアラをクエと間違うのかというと
クエという高級魚のことを
九州地方の地方名で「アラ」というからなんですね(^_^;) 
九州でアラ鍋っていうとくえ鍋のことを指し
これがけっこう有名だったりすることから
「アラ=クエ?」という図式が頭の中に出てくるみたいです。
でもクエのことをアラというのは九州でのことで、
これはクエの地方名(=俗称)であって、
今回ご紹介するアラは正式和名がアラ、というわけ。

・・・なんか書いててもややこしいですな(滝汗)

ちなみに徳島でのアラの地方名は「ホタ」といいます。
全然違いますよね。
なんでもこの「ホタ」っていうコトバ、古い阿波弁では
「どうでもいいモノ」、つまりはサカナの場合なら
「ザコ」のことをいうんだそうですよ(^_^;) 
こんな阿波弁、ワタシは知らなかったんですけども(汗)
う~ん、名前までがザコキャラっていうのは
なんとも哀しい運命のサカナ(涙)

さてこのアラくん、徳島中央市場でも前々からちょくちょくは
見かけてたのですが、サイズ的には小さなモノがほとんどで
お値段もかなり安めになってることが多い、
いわゆるザコ系キャラなオサカナに分類されてます(^_^;)

姿からして浅い海に棲んでいそうなんですけども
どうやら彼らは深海にいるようでして・・・
網捕りする大型船がちょくちょくガシラやメバル、カレイなどの
底モノといっしょに水揚げしてしてくることが多いってこと、
あるいはセリ場で見かけるアラはほとんどが
画像の下のほうの個体のように
目玉が飛び出していることが多いことからも
深い海に棲んでいることがうかがい知れます。

ワタシがこのサカナに興味を持ったのは2年ぐらい前でしょうか。
安くてウマいサカナを探してくれ、みたいなリクエストを受けて
いろんなサカナをセリ場で探していたワタシの目に飛び込んできたのが
見慣れない茶色いスズキ=アラだったわけですね。
相場はいつでも安値だけれども、
決して毎日安定して入荷があるわけではなく
ときおり思い出したように1箱2箱がセリ場にある、
っていう程度の入荷量。。
その上に知名度が低いってコトになったら・・・
そらザコキャラになるしかないですわな(涙)

聞けば安いし、見た目も悪くないので
このサカナのことをネットで調べてみたところ・・・

幻のサカナ

と言われているぐらいにレアで美味しい超高級魚! 
ってことが分かったのです(滝汗) 
ただし、高級魚と言われるのは少なくとも1キロアップの
大きなサイズのもので、
100gや200gの小さなアラは高級でもない、
ってことらしいんですけどね(苦笑)

クエとよく間違われるけれども、
値段や味のことからすると確かにクエと並ぶほど美味で高級、
しかも希少性という意味ではクエ以上! (^^)/

おおおっ!?  うり坊よ! 
お前ってそんなにスゴいヤツだったのか!! 
とビックリしてしまい
とにかくも小さなうり坊たちをありがた~くゲットしたんですが・・・
その後、その小さなアラを買ってもらったお客さんに
話を聞いてみたところ・・・

確かにウマい!

と言うんですよ。ほほ~やっぱりそうなのか~ うまいんやな~(*^_^*) 
と分かってはいたんですが・・・なんせ入荷が少なく、
見つけたときにはたいてい先取りをしてワタシの担当している
お客さんのところに送ってしまうので、
ワタシ自身がまだ食べたことがなかったんです(T_T)

一度このアラっていうサカナを食べてみたいな~って思ってたところ
先日たまたまたくさんのアラがセリ場に並んでたんですよ! 
もちろんこのときもたくさん先取りはしたんですが、
せっかくなのでワタシも小さなうり坊サイズのアラを
ほかの魚類マンたちと分け合って数匹買ってみました(^^)

昔から徳島魚類でサカナを買ってくれているなじみのお得意さんの中に
このアラのことをよく知っている人がおりまして
このアラをのことを聞いてみると・・・

あ、ホタのことか。
あれは確かに皆あんまり知らんけどウマいんやで~(^o^) 
刺身にしたらな、ほんのりと甘いんや。
これがまた上品な甘さでな~ (*^_^*)


とのこと。
そんなアラが最近けっこう穫れてるんですよ、というと・・・
このお客さんは俄然顔色が変わりました(爆) 
なにっ!? アラがそんなにおるんやったらワシにも分けてくれ!! 
ということになったんですね(^^) 
ってなわけで、大きめサイズのアラがいたときには
このお客さんのためにゲットするっていうのが
またワタシの毎朝のルーチンワークに加わったワケなんですが・・・
なるほどそこまで言わしめるアラというサカナの魅力・・・
まずはやっぱり刺身で堪能させていただこうか? 
と心に決めて自宅に持ち帰ったアラ5匹・・・・。

ara01.jpg

こんな感じになりました(^^) 
嫁さんにおろしてもらったんですけども・・・
なんせお手頃価格なかなりの小さめサイズのアラですから(汗) 
嫁さんにはぶーぶー言われちゃいましたが(^_^;) 

なんともキレイな白身をしておりますね~ 
上品な感じで小骨も少なく、
また生臭さもまったくと言っていいほどありません。
さっそくたまり醤油にワサビをつけて、
アラの身にちょいとつけてからいただくと・・・

むほ~♪ (*^_^*)

これは確かにウマい! 
めっちゃええ感じの白身ですわ~(感激) 
いっしょに食べていた子供達も次々に箸が伸びてきます(滝汗) 
いかんっ! これは我が家でときおり発動する、

ウマい刺身が一瞬にして消滅する怪現象

の予兆ですっ!(笑) 
3人の子供達が三方から次々に繰り出す箸の先には
アラの刺身が一度に2つも3つも挟まれて・・・
あっという間に5匹分の小さなアラの刺身は
忽然と姿を消してしまいました(>_<)
我が家でこの怪現象(笑)が起きるっていうのは、
とりもなおさずそのサカナが美味しいから、なんですよね。
美味しくない魚はいつまでも食卓の中央部で
醜態をさらすことになりますから、
子供達が次々に食べてしまうサカナっていうのは
ホントに美味しいオサカナっていうひとつの証なのです。

この白身・・・口の中に放り込んだときには
ごく当たり前な上品な白身の風味なんですが、
歯ごたえや食感も実にバランスが取れてていいんですけども、
う~ん、確かに上品でおいしい白身だけど・・・
と思いながら飲み込むと・・・
お! 後味が甘い!!(^o^) 
これか! あの大将が言っていた
「アラの刺身は甘い」っていうのは!! と、
ナットクしたのでした。。

アラの刺身は後味にその極意がある! 
っていうことですね~ 
この後味にすーっと糸を引くかのようなほのかな甘み・・・
これは他のサカナにはあんまりないものかもしれません。
たしかにこれは美味しい魚ですね~(^^) 

ネットで見たアラの解説によると、
刺身も美味しいけれども焼き魚でも煮付け系でも
はたまたクエのように鍋に入れても絶品の味を発揮する
とありますから・・・どれも食べてみたいですね~(*^_^*)

しかし、かえすがえすもこのサカナ・・・
そんなにまとまって穫れることがほとんどなくて
なかなかセリ場の前の方には並ぶことがない、
マイナー系のお魚なんですよね(^_^;) 

アジぐらい穫れたらね~
あるいは大型サイズのものがそこそこに水揚げされてたら・・・
またその評価も変わってくると思うんですが(苦笑)

とはいっても、ときおり見かける程度だけども
小さいサイズならかなり安い値段で入手ができるザコキャラ系だからこそ、
気軽に買って試してもらえる、っていうのもありますから・・・
難しいところですね(^_^;)

ワタシとしては、アラくんにはちょっと申し訳ないですけども
このままザコ系キャラでいてほしいですね。
お買い得価格で食べられる絶品な白身、
高級な価格ではないけれど、
めったにいないから出会うには運も必要、、
そんな安いサカナがいてもいいんじゃないかな? ってね(^^)

大きなサイズのものが都会の市場に出たりすると、
キロ単価で1万円にまで手が届きそうな価格になることもある、
なんていう・・・まさしくクエと肩を並べるような超高級魚ですけども、
そこまで大きくない、小さなサイズのものがこうしてイナカの市場に
ちょこっと出てきて庶民派な価格でセリ場に並んでる・・・
そんなのもまたいいんじゃないかな? って思います。

1月の中旬ぐらいまではけっこう入荷が続いていたアラだったのですが、
最近はまた入荷がほとんどなくなっちゃいました(涙) 

また明日も明後日も・・・
アラを探してワタシはセリ場をうろついていることでしょう(笑)
は~今度は塩焼きでアラを食べてみたいです(*^_^*)
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |