FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
徳島では馴染みのない「春の味覚」
2010-03-13 Sat 19:30
昨日、帰宅すると我が家の食卓にちょっと変わったちりめんが。

ikanago2010.jpg

なんだこの醤油で真っ黒になったちりめんはっ!?(爆)
っていうのは冗談で(笑)
これは関西、特に兵庫県では春の味覚として定着している、

イカナゴの釘煮

っていうやつですよね(^o^)
これ、お隣の県である兵庫県ではホントに春の訪れを
感じさせる海産物として欠かすことのできないものですけども、
徳島では意外なことにあんまり馴染みがないんですよね(^_^;)

でも、ワタシと嫁さんは京都で暮らしていた時期が
長かったこともあり、関西にお友達もけっこういるので
こうした「関西の味覚」が以前からときおり食卓に
登っていたので、このイカナゴの釘煮にしても大好きなんです(^^)

今でもこうして春の訪れを感じさせてくれる海産物が
届くので、我が家としてはホントに嬉しい限りです(^o^)
兵庫県でも主に淡路島あたりで水揚げされて、加工されるという
このイカナゴという魚、徳島でも水揚げはあるにはあるようなのですが、
あんまり県内では食べられていないですね(^_^;)
今の時期になると、徳島中央市場のセリ場にも並びますが、
やはりというか人気は今ひとつ。
あんまりセリ値も高くなくて。。というよりも積極的に
安い魚に分類されているって感じですね~(苦笑)

やっぱり本場である淡路や神戸、明石のほうにほとんどは
流れて行ってしまってるんでしょうね。

先日、会社の取引先でもある某トラットリアのオーナーシェフさんの
Blogに紹介されていたのですが、淡路島にはこうしたイカナゴの
釘煮を作っている工場がけっこうあるようですね。

そして、これも明石出身で神戸に在住のBlog友達に聞いたのですが、
神戸あたりの町の小さな魚屋さんって、今ぐらいの季節になると
イカナゴしか売れない、っていうぐらいにイカナゴばかりを
お店に並べて商売をしているんだそうですよ。
中には震災の時にお店が壊れてしまって、それ以来お店を閉めているけど、
今ぐらいに季節になるとイカナゴの注文が来るため臨時で
お店を開けてイカナゴを販売しているなんていうところがあるほど(汗)
それぐらいに今の時期には神戸あたりではイカナゴっていうのは
重要な海産物なんだそうです。

そして、もちろん釘煮を買う家庭も多いのでしょうけども、
昔から釘煮を自宅で作っているという家庭も多いんだとか。
イカナゴを買って帰って自分の家で煮るんですよ。
その味付けには各家庭によって独自のレシピがあって特徴的なんだとか。
まさしく家庭の味ですよね~(^^)

我が家に届いたこのイカナゴの釘煮も、
お友達の家で作られたオリジナルのものなんですよ(^o^)
釘煮っていうとけっこう堅くて歯ごたえのある食感のモノを
想像するんですが、この釘煮は・・・

まさしく新物!(^^)/

っていう感じで柔らかいんですよ♪ 新子と呼ばれる小さな小さな
イカナゴを冷凍することなくそのまま釜ゆでにして味付けをする、
今の時期だけにしか作ることができない新物の釘煮。
ほんのりと柔らかく煮上がったこの釘煮の食感はほんとに独特(^^)
味付けも濃すぎず薄すぎず、まさしく関西風のいい塩梅なのです♪

徳島でこのイカナゴの釘煮の新物を食卓に並べて春だ~♪と
喜んでいる家庭ってのは少ないのかも知れないですけども、
この釘煮、我が家の子供たちも大好きなんですよ(^^)

小魚をまるごと使ってますから、カルシウムなどの栄養も豊富だし、
とってもヘルシーなメニューですよね♪

そんなイカナゴが届いた日の我が家の夕食はっていうと。。。

aziandikanago.jpg

イカナゴの釘煮
アジの開き
鳴門ワカメの味噌汁


なんとも朝食みたいなメニューではありますが、
カロリー控えめで海の恵みいっぱいなメルシーメニューでした(^^)/
瀬戸内海で獲れたイカナゴに、鳴門のワカメ。。。
これでアジも紀伊水道沖どれ! とかだと言うことなし!な
地産地消メニューになるのかもしれないんですけど、
このアジはノルウェー産だったりします(^_^;)

しかしこのノルウェーアジの開き・・・安いのにめっちゃおいしいです!
ノルウェーのアジにしてもサバにしても、とにかく脂のノリは
かなりいいわけですけども、このときに食べたアジの開きはいつもにも
増して脂のノリがよくてプリプリでめちゃウマでした(*^_^*)
ノルウェーのアジっていうと年中脂のってる、っていうイメージがありますが、
やっぱりそれでも旬っていうのはあるみたいですね。

そういやこのアジの開きを買った塩干屋さんがぼやいてたんですが、
開きものっていうのは市場に鮮魚の入荷が少ないときには取り合いみたいに
なるほどよく売れるんだけど、鮮魚が普通に入荷してたら
見向きもされないんだと(^_^;)

う~ん、やっぱりそういうものなんでしょうかねぇ?(苦笑)
ワタシは開きの魚ってのも大好きなんですけど、まぁでもやっぱり
飲食店さんにしてもスーパーさんにしても、鮮魚があるときには
やっぱり鮮魚を優先して販売しますもんね(^_^;)
それってやっぱり仕方がないことなのかなぁ?

開きものも大好きなワタシとしては、なんだかちょっと不遇な立場に
甘んじている開きもののお魚に同情してしまうんですけども。。。
でもやっぱり市場には鮮魚がたくさん入荷して欲しいです!(爆)

だってそうしないと徳島魚類は売るものなくて困っちゃいますから(>_<)
それにしてもま~3月のもう半ばですけども、
相変わらず風の強い日だとかやたらと寒い日が多くて、
魚の入荷は安定しませんね。。。
今日はまだマシでしたけども、週の半ばあたりはヒドかったし(涙)
台風でも来たんかいな?って感じでしたし。。

まぁ全国的に荒れ模様の天気だったので、さもありなん、ではありましたが。

もう気がつけば3月も半分終わりました。

yoshinogawa100313.jpg


市場のすぐ近く、吉野川の河口の土手には菜の花が(^^)

穏やかな空の薄い青とヒバリの声。
そして黄色い花。

春本番まであともう少し、っていうところですね!
お魚の入荷も春の訪れとともに、本格化してほしいところです(^^)
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:2 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |