FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
はて面妖な(汗)
2011-03-11 Fri 10:26
早いものでもう3月・・・季節の上では啓蟄の候となりました。
3月11日から15日の頃は「桃始笑」(ももはじめてさく)と
言うそうですよ(^^)

土の中から虫がそろそろ這い出してきて、桃の花も咲こうか、
という季節というわけなんですけども・・
春らしい陽気に恵まれたのはほんの何日かだけでしたね。
もうほんとにここ1週間ぐらいはめちゃくちゃ寒い日が
続いてますよね(>_<)

私もほんの1日だけ薄着で出勤できた日がありましたが、
あとはもう、未だに真冬装備のままで出勤の毎日です(^_^;)

そんな厳しい寒さのせいもあってか、魚の水揚げは
低調な日々が続いています(涙)
「今日はサカナが多かったね~」なんて言えた日は
ほんとにここ1ヶ月ぐらいの間では数えるほどしか
ありませんね(涙)
あとはもうひたすら「今日もサカナ少ないな~」というのが
市場マンたちの朝の挨拶になってしまってます。。

今日もそんな状況に変化はなかったですね。
まぁそれなりにあとから魚が出てきてくれたので
なんとか格好はついた、という感じでしょうか(苦笑)

そんな低調で寒い状況の続く徳島中央市場ではありますが、
それでもやっぱり春の足音は聞こえてきます(^^)

タラの白子や牡蠣といった冬の食材に混じって
いかにも「春だね~♪」という食材が
いろいろと並び始めています(^^)/

まずはホタルイカ。

hotaruika2011.jpg

ボイルのホタルイカは年明け早々から市場には
入り始めるのですが、これらはあくまで解凍品。
つまり昨年水揚げのものを解凍してボイルした、
いわゆる「ひねもの」と言われるもの。

そんなホタルイカもそろそろ「新物」
入り始める頃になっています(^^)
パッケージの右上に「新物」というマーキングが
入っているのが今年のフレッシュなホタルイカを
使ってボイルしたもの、という証です。

ひねものと新物では、やはりボイルしたあとでも
味って違うものなんですよね。
当然、お値段も全然違います。

そして・・・もうちょっとしたら生の状態の
ホタルイカの入荷も始まることでしょう(^^)

そして、やっぱり春を実感する魚といえばこれでしょう!

shirouo2011.jpg

しろうおです~(^o^) 別名「ひうお」です。
この魚は春になるとこのBlogにはよく登場しますね。

ハゼの仲間であるシロウオ、九州のほうからも
入荷があるのですが、地元・徳島産のものも
入荷があります(^^)
上の画像の無地のビニール袋に入っているのは
徳島産のしろうおなんですよ(^o^)

袋の中で元気に泳いでいる姿を見かけると、
徳島の市場にも春が来たね~ なんて思っちゃう私なのです。

そして、これまたしろうおが登場したらいつもセットで
このBlogには登場するのれそれ

noresore2011.jpg

こちらはアナゴの稚魚なのですが、
こののれそれも春先だけにしか入荷のない、
完全に季節限定の魚なんですよね(^^)
のれそれはかなーりキロ単価の高い魚なので、
あまりあちこちで見かけるコトってないです(^_^;)
やっぱり高級料理店で出されることが多いのかな??

ちらほらとこれらの「春の食材」が見受けられるように
なってきたセリ場ですが、冬の食材もまだまだ現役だったりします。

namako2011.jpg

ナマコなんかがその代表格なわけですが・・・
今朝はちょっと変わった・・いやかなり変わったナマコが
セリ場に並んでたんですわ(汗)

上の画像は徳島で「青ナマコ」あるいは単に「ナマコ」
と呼ばれているもの。
全国的に見ればいちばん一般的なナマコではないかと。

そして、徳島で一番好まれているナマコはこちら。

kinko2011.jpg

徳島では「赤ナマコ」あるいは「金子(きんこ)」と呼ばれる
ナマコですね。
青ナマコと比較して、赤ナマコのほうが柔らかいとされ、
見た目の華やかさからでしょうか、徳島では赤ナマコのほうが
青ナマコと比較して倍以上の価格がつくこともザラにあるほどに
徳島ではこの赤ナマコが珍重されてますね(^^)

これは関東圏に行くと、逆に青ナマコのほうが相場も高く、
珍重されているようですね。
ホントにこのへんはまさしく「地域差」っていうものでして、
どっちがいいとかいうのは地域によってまるで違うのが
面白いトコロではありますね。

ナマコっていうのは徳島ではお正月にはかかせない縁起物
ということもありますし、冬場の食材なんですけども、
まだまだセリ場にはけっこうな量が並んでいます。

そんな今日の徳島中央市場のセリ場に、赤でもない、青でもない、
なんとも妙な・・・まさしく面妖なナマコが並んでおりました。

赤でもなく、青でもなく・・・そのナマコはまさしく



なんですよ(滝汗)
本邦初公開!幸運を呼ぶ白いナマコですっ!(笑)
じゃーん!(^^)/

white_namako.jpg

なんとも面妖なその姿・・・きっといわゆる「アルビノ」という、
体の色素を作ることのできない突然変異の一種だとは思うんですが
もともとそんなにカッコイイとは言えないナマコなのに、
それが真っ白となると、とてもじゃないけどおいしそうには
見えないですよね(滝汗)
見るからに不気味で、一瞥して「こりゃ値段つかんだろうな」と
誰もが思うような出で立ち(^_^;)

たくさん並んだナマコの列の一番脇にひっそりと
置かれていたのですが・・・果たしてどこが買うのか、
とっても興味津々だったんですが、
セリ開始のあと、バタバタしてるあいだにナマコのセリも
終わってしまい、気がついたらセリ場から消えてしまってました(苦笑)
果たして誰が買ったんでしょうね??

あとから気になったのでネットで「白いナマコ」で検索してみると・・・
なんと!たまに発見例があるそうなんですが、やはりかなり珍しいみたいで、
見つかったら水族館行き、っていうことが多いようです(爆)
しかも展示されるとけっこうな人気者になってるようで(^^)

なんとまぁ。。。
そんなことなら買っときゃよかったかな!?(笑)

ホントにあのセリ場の白ナマコ・・・どこに行ったのかな??(苦笑)
とっても興味があるので、ご存じの方がいたら教えて下さいませ(^^)

スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 | NEXT