FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
湧いてます
2011-08-04 Thu 15:52
そろそろ台風9号のうねりがこちらにも届いて
影響が出始めてるかなぁ~ という感じになってきました。
これからお盆シーズンに突入するので、とにかく台風には
どっか行っちゃって!しっしっ!! って言いたいところ(^_^;)

今の進路だと、直接日本には向かってきそうにはないので
大丈夫だとは思いますが(汗)

先日の台風が過ぎ去ってから、しばらくはなんとなく
涼しい日々が続いていましたけども、ここ数日は
めちゃくちゃ暑い日々が戻って来ちゃいましたね。
遅れていたセミの合唱もまさしく「夏休みだよ!」
と言わんばかりに朝からやかましく鳴り響いてます(^_^;)

そんな徳島中央市場のセリが終わったお昼過ぎ。
静まりかえったセリ場の真ん中には、いつものようにまた
徳島魚類の大型活魚水槽車が。

hamo110804a.jpg

ん? 今日は25トン車の隣りに8トン車がくっついてます。
はは~ん、これはきっと・・・
と、近づいて様子を見てみると。。。

hamo110804b.jpg

8トン車の水槽から、25トン車にせっせとハモをタモで
すくって移し替える作業をしております。

これ、県内のハモの産地である漁港から集荷してきたハモを
大型の活魚車に積み替えて、これから県外へと出撃する準備の
作業をしてるんです。

県内の漁港、とくにハモの水揚げの多い県南の漁港っていうのは
そこに通じる道が狭いっていうことが多かったりするんです(汗)
しかもあちこちに散らばっているので、
こんな感じで中型の活魚車が分担して産地をまわり、ハモを
集荷して中央市場まで持ってくるんです。
そして市場で行き先別に仕分けをしたりするわけです。

で、県外へと発送される活きハモについては
25トンの大型活魚水槽車が積めるだけハモを積んで
活きたまま徳島のハモを届けるというわけです。
県外に運ぶ際には、一度にできるだけたくさん運んだ方が
効率がいいですし、当然、運賃も安くなりますからね。

ってなわけで、積み込みの真っ最中の大型水槽車の水槽に
ついている「覗き窓」から水槽の中をうかがってみると。。。

hamo110804c.jpg

こぉ~んな感じで、まさしく

ぎっしり

にハモが入ってるんですよ(^_^;)
しかしまぁこんなにもギチギチに詰め込んだら、ハモも渋滞して
気持ち悪くなりそうなものなんですけども、うちの活魚担当のプロに
聞いてみたら、

ハモは狭いところにギチギチに入ってるのが好きなんよ

ってことらしいです(^_^;)
そもそもハモの棲んでいるのって、徳島沖の海底、砂泥地っていうような
場所なんですよね。
そこに細長い穴を掘って、すーっと入ってるんだそうです。

なので、水槽車の中にこんなふうにギッシリ詰め込むと、
これはこれでハモたちにとっては快適な様子なんだそうですよ(笑)
な、なんだか見てる方は怖いぐらいなんですけどねぇ(汗)

しかも、こうして覗き窓を開けると、暗い水槽の中に光が差し込むからか、
中のハモがするするっと泳いで前後に移動し、
アタマを覗き窓のところに持ってくるんですよ(^_^;)

ん? なんだ?
なに見てんだよぉ? あ~ん? (-_-)


とでもいいたげな風情です(汗)

ちなみにこんなふうにギチギチにハモを詰め込んで出撃した活魚車が
県外の市場でハモを荷下ろしすると、水槽車の中の水は
水槽の下のほう、2割~3割ぐらいになってしまうんだそうな(滝汗)

つまり、ハモを満載している活魚車の水槽っていうのは

海水2割

ハモ8割


の状態なんだそうです(滝汗)
なんかこう・・・スゴいことになってますよ、これ(>_<)

ちなみにハマチのような回遊するような魚の場合だと、
基本的に海水と魚の割合っていうのは

海水9割

サカナ1割


これが基本なんだそうです(爆)
。。。いかにハモがすし詰め大好きな魚なのかが分かりますよね(^_^;)

そんなわけで、台風の過ぎ去った後からずっと大漁続きのハモは
今日も満員御礼の超過密状態で出荷されているのでした(^^)

スポンサーサイト



別窓 | 魚類ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
| 不定期更新 市場日記 |