FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
世にも奇妙な・・・
2006-06-27 Tue 17:35
ここのところは梅雨らしい天気といいますか、湿っぽい空気に
覆われている徳島県地方なのですが、魚の入荷状況はというと
まぁそこそこ、という日が続いていますね。

そんな中で、今日はハモがいっぱい入荷していました。
梅雨時のハモはまさしく旬の真っ盛りなのですが、
梅雨の雨を飲んでおいしくなるハモは、市場まで
活きた状態で届けられることが多く、
セリ場の脇にある荷受けさんの水槽桶の中には、文字通り
「ハモが湧いて」おりました(汗)
うじゃうじゃと真っ黒の固まりになってくねっているハモを
見ていると、なかなか気持ち悪いものもあるんですけどね、正直(^_^;)

セリが終わり、配達に出ていたみんなも戻ってくる時間になるころ、
「たろくん、ハモの桶の中に珍しいものがおるで~ 写真撮っとき~」と、
一人の魚類マンが声をかけてくれました。

桶の中からちょうどスチロールの小さな箱に移されて、
別の水槽に移動しようとしていたその「珍しいもの」を見つけて、
激写してきたのがこの写真です。。

white_hamo1.jpg


ん? なんか入ってるの? って感じで、ちょっと見ると
何も入ってないように見えるスチロール箱の中に、確かに何かが・・・。

ええええ~っ!? 何コレ!?(滝汗)
もっと分かりやすいように、水色のカゴの中に移してみると・・・


white_hamo2.jpg


そうなんですよ、これ、世にも珍しい

真っ白なハモ

なんですよ~(^^)
とにかく写真を撮った後ですぐにネットで検索してみたんですが、
まるっきりいないわけでもなく、年に一匹や二匹、揚がることがあるという
かなり珍しいハモなんだそうです。

ネットで見ると、「白いハモ」っていうのは新聞記事になるぐらいに
珍しいみたいで、全国各地の水族館に引き取られて展示されるぐらいの
レア度なんだそうですよ(^^)/

このハモを運んできた運転手さんに聞くと、去年は揚がらなかったけど、
一昨年には一匹だけ揚がったよ、とのこと。
でもまぁ 全国有数のハモの産地で毎日毎日もの凄い数のハモを
扱っているヒトですら、めったに見かけないほどのハモなので、
やっぱりかなり珍しいものなんでしょうね。

もちろん、私は初めて見ましたよ(*^_^*)

もうちょっと近づいて、幻のハモ様の近影など(笑)

white_hamo3.jpg


ほらね、確かにハモでしょ?(爆)

こういう白い生き物っていうのは魚に限らず、陸上の生物でも
ごく希に見かけますよね。原因は不明らしいですけども、
色素の遺伝情報が突然変異でなくなってしまった、俗に言う
「アルビノ」というものみたいですね。

しかし、なんせ細長くて元来は黒っぽい色の生き物が白い、っていうのは
まさしく「白蛇」を連想する姿ですよねぇ(^_^;)
白蛇っていうと、やはり神秘的な存在だったりとか、
神の使い的な存在として昔からあがめられてきたものですから、
この白いハモっていうのも、なんとなーくそういう神秘的な
雰囲気が醸し出されているような気がするんですよね(汗)

ネットの新聞記事なんかによると、白いハモっていうのは
商品価値としてはほとんどない、ってことらしく、
水族館とかに寄贈されたりすることが多いみたいですね(苦笑)

確かに、この白いハモを食べちゃおう、って気には
なかなかならないですよね~(^_^;)
そういうわけで、この白いハモ様も、魚類の水槽で
飼育されることになりそうです。

さしずめ、ハモの扱い高がとっても多い徳島魚類の
ガーディアン(守り神)って感じかな??(笑)
スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:4 | トラックバック:0
<<ハモ・はも・鱧・・・・ | 不定期更新 市場日記 | 配達途中の心温まるエピソード(^_^;)>>
この記事のコメント
白ハモ
いやぁ~、白ハモ、神秘的ですねー。まだ生きているんでしょうか?牟岐の水族館へ寄付して、地元紙やテレビで取り上げてもらうってのはいかがでしょう?ハモ&御社の宣伝になりますよ、きっと。でも、ガーディアンってことなら、手放せませんね。
ところで、先日、このブログで紹介されていた「富貴」へ行ってきました。もちろん、ハモコースを食べに。いやぁ~、旨かったです、マジで。びっくりしました。骨、全然無いし、刺身も生まれてはじめて食べました。京都で食べたら一体いくらするんでしょうねー。今シーズン、もう1回行こうと思ってます。では。
2006-07-01 Sat 19:19 | URL | かなとと #-[ 内容変更]
白ハモ
毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m  あれから確認はしてないんですけども、おそらくうちの活魚水槽の中で泳いでるんじゃないかな?(^^) でもほんと、ネットで検索しても白いハモっていうのは新聞ネタになってることが多いんですよね。 どこかに寄贈しましょうかねぇ?(笑)
今度7月8日にキョーエイタクト店で、徳島県主催の「新鮮なっ!とくしまフェア」というのがあるのですが、ここで養殖あゆなどといっしょに、ハモも紹介されるんですよ。水槽を持ち込んで、実際に活きて泳いでいるハモも展示しますし、巨大ハモと子供達の記念撮影大会(爆)、もちろんハモの試食コーナーも出ます。せっかくの機会なので、この会場に白いハモも展示してもらおうかな? なんて考えていたりして(^^)

それから富貴さん、行かれたんですね! おいしかったでしょぉ?? 骨のないハモっていうのはカルチャーショックだったのではないかと。特に刺身っていうのは今までにない体験だと思います。
京都では高台寺の境内近くにある「馳走 高月」というお店で骨なしのハモを食べることができるのですが・・・めっちゃ高いと思います(滝汗)ワタシはここで初めて骨のないハモっていうのを食べたのですが・・・驚きの連続でしたね~ ちなみに支払いはうちの社長がしたので、いったいいくらだったのかは分かりません(ちゅど~んっ!)
でも富貴のハモづくしも、この高月さんに負けていない味ですよ!(^^)v お値段はずーっとリーズナブルですから、徳島に住んでいることに素直に感謝したくなりますね(^^)
2006-07-02 Sun 08:41 | URL | たろくん #bTV2QVPE[ 内容変更]
これがウワサの天国に行ったハモさんですね(^-^;;
2006-07-09 Sun 22:12 | URL | てら嫁 #mQop/nM.[ 内容変更]
ご存じでしたか(^_^;)
おおっ! これはてら嫁さん、お久しぶりです~(^^)/

さすがに情報、早いですね。そうなんですよ、この白いハモ、某Blogで話題になっていましたとおり、お亡くなりになってしまいました(涙)
しかも同じ水槽で泳いでいた石鯛くんにきれいさっぱり食べられて、骨になってしまいました(号泣)

新聞社から取材の依頼が来たので、安否確認をしたところ判明いたしました。。なんとも切ない結末になってしまいましたね~(T_T)
今度また白いハモが入ってきたら、ただちに保護して永住の地を探してやろうと思っております(^_^;)
2006-07-10 Mon 02:56 | URL | たろくん #bTV2QVPE[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 不定期更新 市場日記 |