FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
徳島魚類 映画鑑賞の夕べ
2008-06-13 Fri 19:02
今週の水曜日は市場休日だったのですが、
我々徳島魚類の有志は徳島市内の映画館に
集合しておりました。

いつも忙しく早朝から頑張っている労をねぎらう、
という意味もあって社長が企画した「映画鑑賞会」が
あったんですよ(^^)

なんで突然に「映画鑑賞会」なのか?
それにはふか~いワケがあったのですよ・・・。

ことの起こりはうちの会社で必ず購入している
この本にあります。

sandaime_book1.jpg


ご存じの方もいらっしゃると思いますが・・・これは漫画です(爆)
タイトルを

築地魚河岸三代目

といいます(^^)
タイトルの通り、日本の首都、東京の台所である築地市場を
舞台にした漫画なのです。
商社勤務のサラリーマンが、ふとしたきっかけで
まったく畑違いの築地市場の鮮魚仲卸の三代目となり、
築地のあったかい人情に助けられて成長していく。。。
というお話なのですが、もちろんそこは築地が舞台のお話。
いろんなオサカナを題材にストーリーが展開していくんです。

このいろいろなオサカナのエピソード・・我々市場マンが
読んでも「ほぉ~ なるほど!」と目から鱗のような
情報が満載! 中には関東と関西のオサカナ文化の違いから
「あれれ?」というようなこともありますけども(^_^;)
東京でのいろいろなサカナの評価であるとか、
意外な産地の意外なサカナ、とにかく盛りだくさんな情報を
楽しく勉強することができるんですよね(^o^)

そんなこともあり、この漫画は我々のような市場マンが
読んでもタメになる「魚河岸の参考書」みたいなものなのです。
なので、徳島魚類の本棚にはずらーっとこの漫画が
1巻から最新刊まで揃えられている、というわけなのです(笑)

sandaime_book2.jpg


うちの社長も元々は市場マンとは縁もゆかりもない
異業種からこの業界へと飛び込んできた人ですし、
かくいうワタシも6年ほど前まではまるで違う業界で
働いていた「新参者」。
この漫画の主人公はルーキーとして魚河岸デビューしてから
いろんな出来事に体当たりでぶつかっていく、、っていう
ストーリーなわけですけども、そんな「設定」が
ワタシにも通じるものがあって(^_^;) なんだかとっても
物語の続きが気になる存在でもあったりするんですよね(苦笑)

実はナイショの話、このBlogのネタもね、
この漫画からヒントを得たものもけっこうあったりします(^_^;)

さてさて、先日社長がこの「魚河岸三代目」の最新刊を
本屋さんで買ってきたんですが、
帯に映画の割引チケットが付いてたんですね。

オトナ一人あたり200円引きの割引券

が付いてたというわけ。
そこで閃いたんですよ、うちの社長。

せっかくの割引券だ、使わないと勿体ない

ってことに(笑)
どうせなら社員の希望者でいっしょに見に行こう!

・・・というわけなのです(^^)
こういう発想が徳島魚類っぽいというかなんというか(笑)
市場マンが会社ぐるみで連れ立って映画鑑賞。。。
なんか面白いでしょ?(爆)

さてさて、では肝心の映画ですが・・・。
何の映画に行ったのかといいますと・・・お分かりですよね?
この話の流れからして、今の時期に行く映画となればコレ!

sandaime.jpg


ずばり!

築地魚河岸三代目

の実写劇場版、というわけ(^^)/

いろんなサカナの勉強にもなるし、勉強会と慰労会を
兼ねた映画鑑賞、なんですね(笑)

なんでもこの映画、実際に築地市場の中に
舞台となる仲買のお店「魚辰」のセットを組んで
撮影をしたっていうぐらいで、本格的なロケを
敢行しているみたいだし、漫画の内容からして
けっこう面白いんじゃないか? という期待をして
映画館に乗り込みました。
この鑑賞会に参加した魚類マンの中には
「映画見に来たなんて何十年ぶりだろう?」
なんていう人もいたりして(爆)
そんな意味でもけっこう新鮮な企画となったようですね。

そして始まった「劇場版 築地魚河岸三代目」。

・・・内容については公開中の映画のストーリーってことに
なるので、詳細は割愛しますけど(^_^;)

今回の映画は「築地を舞台にしたラブストーリー」
ってかんじでした(汗)
もちろん、ちらちらとオサカナネタも織り交ぜては
ありましたが、どちらかというと「ヒューマンドラマ」
が中心のストーリー展開。

そろそろ導入パートが終わってオサカナメインの
ドラマが始まるのかな? って思ったら、
主人公である旬太郎が「魚辰」の三代目に
就任したところで映画は終わりました(汗)

つまり、漫画の第1巻の最初の第1話が終わるあたりで
2時間ほどの映画が終わっちゃいました(爆)
つまり、今回の映画って思いっきり「プロローグ編」
みたいな感じ。

あれれ? って思いながらエンドロールを見てると
「シリーズ化決定!!」だって(^_^;)

なるほどね(苦笑)

とりあえずキャストはもの凄く豪華で、
主人公である旬太郎役は徳島ゆかりの映画
「眉山」で松嶋菜々子の相手役を演じていた
大沢たかお。
旬太郎の恋人役は田中麗奈。脇を固める俳優陣も
ほんとに豪華。
このメンバーを見たら、
たしかにシリーズ化もナットクですが・・

また見に来ないとあかんやん!(>_<)
だってこの話の流れからしたら、
このドラマが本来持っている「オサカナストーリー」の
楽しさ本領発揮!ってなるのは次からっぽいんですもん(苦笑)

なんとまぁ~(^_^;) 
って思いつつ劇場をあとにしたのですが、
映画鑑賞のあとで参加者全員で焼き肉屋さんに行って
夕食を食べたのですが・・・。

やっぱりみんな、思ってたことは同じでしたね。
「市場が舞台のラブストーリーやな」って。
それから「次からがホントの魚河岸三代目ちゃう?」
ということも。

そしたら社長いきなり。。。

よし、次の第二弾も見に来るぞ!(^^)/

だって(笑)
どうやらこの映画のシリーズ化とともに
「徳島魚類映画鑑賞会」もシリーズ化しそうな気配。。
です(^^)


スポンサーサイト



別窓 | 魚類ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
<<雨音は何の調べ? | 不定期更新 市場日記 | オオカミ現る!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 不定期更新 市場日記 |