FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
春を告げる意外なヤツ
2012-02-06 Mon 18:13
2月の第2週が始まり、ようやくいっときの極寒な寒さは
少しだけ緩んでくれた、っていうところですけども、
それでもまた今週の半ばぐらいには再び大寒波が襲来する!
なんて予報が出ていますよね(>_<)
ってなわけでまたまた戦々恐々なたろくんなのですが(^^;)

でもすでに節分も終わり、暦の上では立春を迎えてるんですが
セリ場のオサカナはまだ冬の主役たちが幅をきかせております。

・・というか、それ以前にセリ場に入荷してくるオサカナが
極端に少ない状況がずっと続いてしまってて、すっかり活気のない
状態が恒常的になってしまってます(涙)
ホントにねぇ 少しは魚の入荷が増えてくれると嬉しいんですが。。

荷受さんに聞いてみると、天候が持ち直して漁師さんたちが
出漁しているときでも最近妙にサカナの入荷が少ないのは
みなさんがこぞって

ヤケイカ

の漁に出ているから、という理由もあるんだそうです。
ヤケイカっていうのは、今ぐらいの時期になると決まって
水揚げのある小型の甲いかの仲間なんですが、ホントに
年が明けてしばらくした頃から水揚げが増えてきて、
春先までの短い期間が漁期になっているイカなんですね。

このイカ、以前はめちゃくちゃ相場が安くて、
ほかのサカナが獲れなくなってしまってから
しゃーないから、ヤケイカでも穫りに行くか・・
という感じで漁獲されていた、いわば「ザコキャラ」なイカ
だったんですけども、最近は海外からの引き合いが強いらしくて
やたらと相場が高くなってるらしいんですね(^^;)

このヤケイカ、この季節になるとあるていどはまとまった量が
穫れるし、穫ってきたら確実に一定の相場で売れるので、
穫れるかどうか分からないほかの魚を狙って、仮に穫れても
いくらで売れるか相場が読めないっていう獲物を穫ってくるよりも
行けばまとまった量が穫れて、しかも相場も安定しているヤケイカを
狙うのがいちばんカタい、ということで、
今は漁師の皆さんは揃ってヤケイカばかりを穫っているんだそうです。

みんなヤケイカを穫りに行ってるもんだから、ほかの魚は当然ですが
水揚げが減ってしまう、っていうわけ。
しかもヤケイカは水揚げされてもそのほとんどがすでに売り先が決まってて
ブロック凍結後に海外に輸出されるっていうことになってるので、
当然ですけどもセリには出てきません。。
なので、セリ場ではヤケイカっていうのはほとんど見かけないんですよ。

となると・・今の時期のセリ場が閑散としてしまうのもムリはない、
ということなんでしょうねぇ。。
今年はとくにヤケイカは豊漁らしく、県内の漁港では
大量のヤケイカが続々と水揚げされているそうな。

このヤケイカが年が明けてしばらくの間の「新年を告げるイカ」だとしたら
春を告げる魚っていうと、みなさんはどんなものをイメージされますか?

春の魚だとすると、サカナ偏に春と書く、サワラなんてのはまさしく春のサカナ?
・・・でも意外とサワラって一年中獲れてたりして、しかも冬の間もアブラが
よく乗ってておいしい旬だったりするので、市場マンの中では
あんまり春のサカナっていうイメージはないかも(^^;)

天然タイも徳島では春が旬ってことになってますが、これまた今ぐらいの季節でも
旬だったりしますし、やっぱり年中水揚げはあります。

となると・・・ノレソレだとか白魚、シロウオなんかはまさしく春を告げる
オサカナといえるでしょうね(^^)
タイの白子なんかも春ならではかな♪

でも、こういう春真っ盛りの頃にセリ場に現れるこれらのモノよりも
少しだけ早い時期、ちょうど立春の頃にほんのいっときだけセリ場に
並ぶこのイカツくて、でっかいヤツ・・・。

takaashigani2012.jpg

これ、このBlogでも過去に何度が取り上げていますが、
タカアシガニっていう巨大なカニです(^^)
どちらかというと、セリ場よりも水族館で見かけることの方が
多いかも知れませんね(^^;)

なんせこのカニ、「世界最大の甲殻類」ですからねぇ~(笑)
じっさいワタシも市場マンになる前には大阪の海遊館で
イチバン深い深海コーナーの水槽でこのタカアシガニだけが
入れられているくらーい水槽でしかこんなカニは
見たことありませんでしたよ(爆)

このカニ、海遊館での展示がまさしくそうだったのですが、
ふだんはとっても深い場所に暮らしています。
いわゆる深海のカニなんですけども、春先の時期、
つまり今頃のシーズンになると産卵のために
浅瀬に揚がってくるんだそうで、このときに底曳き網などに
けっこうたくさんの数が揚がってくるんだそうで。

ってことで、これだけ大量に、しかも活きた状態でセリ場に
やってくるっていうのは今ぐらいの時期だけに限定される、
というわけなのです。

毎年、いまぐらいの時期になると急にまとまった数の
タカアシガニがセリ場に並ぶようになるのです。

ワタシは突如としてセリ場の一角に出現する巨大生物の
大群のようなこのカニを見ると、

春はもうすぐなんだなぁ~♪

って感じてしまう、というわけなのです(笑)
ちなみに、4年前・・2008年の今日と同じ2月6日にもやっぱり
ワタシはこのカニをネタにしておりました(^^)

さてさて、そんなこのタカアシガニを語ると、必ずといっていいほど
出てくるのは
タカアシガニはおいしくない
っていうこと(汗)

関東のほうではこのタカアシガニが名物料理になっているという地方は
けっこうあるようで、温泉旅館だとかでも名物にしているところも
多いみたいなんですが、徳島ではタカアシガニっていうと、きまっていつも

キワモノ

あつかいなんですよね(^^;)
やたらとデカいけども、とりあえず美味しくない、というか
身がない、身が入っててもパサパサで全然ウマくな
 い、というのが
もう決まりきった評判の定番(苦笑)

これについては、ワタシは声を大にして
んなこたぁない!
って言いたいんですけどね。

ワタシ、もうずっと以前ですけども・・
タカアシガニの料理が得意だという料理屋さんで、
ちゃんと調理されたタカアシガニを食べたことがあるんですが、
それはもうね、ウマかった~(*^_^*)
ホントです、これは紛れもなく事実。

ではなんでタカアシガニはマズい、っていうふうに評判が
定着しているのか?
これは多分、ですけども・・・
タカアシガニのオイシイ食べ方をみんな知らないからではないかと。

まずタカアシガニ、
死んでたらNG
なんだそうで。
死んでしまうととたんに旨味が流れ出てしまって身がパサパサになる。
といっても、なかなか活きたままで調理するっていうのは難しいですよね。
なんせでっかいですから(汗)

次に、冷凍してもNG
冷凍してしまうと、解凍したときに旨味が全部ドリップとして
流れ出てしまってパサパサになってしまうそうな(汗)

そしてさらに。タカアシガニは
茹でたらNG
なんです。普通はカニっていうと茹でるのが定番ですよね。

でも、タカアシガニっていうのはどうやら茹でてしまうとエキスどころか
身じたいが流れ出てしまうみたいなんです(汗)
なので、タカアシガニの正式な調理法として正しいのは

蒸す

なんだそうです。
茹でてしまうと旨味が流れ出てしまうので、蒸す!
これで旨味を逃さないようにするっていうわけですね。

しかし、蒸すとなると当然ですが、蒸し器が必要ですが・・・
こんなにもでっかいカニを蒸すことのできる調理器具となると(滝汗)
これがイチバンのネックなのかも知れません(>_<)

蒸してやるのが正解なんだけど、とてもじゃないけど
こんな大きなカニを蒸すことのできる設備がない。
なので、やっぱりカニだから茹でたらよかろう、ってことに
なるんでしょうね。
で、茹でてしまうとスカスカに(T_T)
というわけで、タカアシガニっていうと美味しくない、っていうことに
落ち着いてしまったのかも知れませんね。

う~ん、関東のほうで出されているタカアシガニっていうのは
やっぱり蒸しガニで出されてるのかなぁ?

・・なんか久しぶりにタカアシガニを見て、昔食べたあの芳醇な
風味を思い出したら・・無性にオナカが空いてきました(汗)

その昔、タカアシガニを出してくれたあのお店はすでに
閉店してしまった、という噂だし・・・徳島ではもうタカアシガニを
おいしく食べられるお店はなくなっちゃったのかなぁ??

そう考えるとちょっと寂しい、そんな春の訪れなのでした。。

スポンサーサイト



別窓 | お魚ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
<<02/06のツイートまとめ | 不定期更新 市場日記 | 02/04のツイートまとめ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 不定期更新 市場日記 |